English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2021年8月20日

■さいたま市内に「PCR検査センター」開業、国内15店舗目 木下グループ
 木下グループ(東京都新宿区)は、8月16日に、国内15店舗目となる店舗来店型の「新型コロナPCR検査センター大宮店」(さいたま市大宮区大門町2-82西岡ビル1階)を開業する。コロナ禍における経済活動の活性化という課題解決に寄与するため。同店舗では、唾液採取によるPCR検査(所要時間3分)を行い、検査報告書を検査日の翌日24時までに本人にメール通知する。1日当たりの最大検査数は600件。

 同社では昨年12月に開業した新橋店をはじめ、新宿、渋谷、秋葉原、池袋と東京都内に5店舗、更に羽田空港第1ターミナル、第2ターミナル、福岡空港、伊丹空港、札幌、仙台、山形、秋田に開業。また読売巨人軍が那覇市内に開設中のPCR検査センター「読売ジャイアンツ・スポーツ健康検査センター」の運営をサポートしている。


■トヨタホーム 賃貸マンション事業に参入 名古屋に第1号物件
 トヨタホームは、賃貸マンション事業に参入する。新たなブランド「TENAS(テナス)」として展開。第1弾として、「テナス丸の内」(名古屋市中区丸の内二丁目、RC造、13階建て、総戸数48戸)の開発に着手した。22年9月に竣工予定。同社の集合住宅関連事業では分譲マンション事業のほか、戸建て住宅の工法を採用した賃貸アパートや企業向け社員寮を展開してきた。今回参入する賃貸マンション事業は、土地から購入し建物を建設し、同社保有の賃貸住宅とする。今後、都心部を中心に賃貸マンション事業を推進していく。

 第1弾物件は、再開発が進む名古屋・丸の内エリアに立地。地下鉄桜通線・鶴舞線 「丸の内」駅から徒歩5分で、栄・伏見・名駅エリアへのアクセスが可能だ。30歳前後の単身者がターゲット。建物は西面バルコニー側ファサードに特徴を持たせた外観とし、エントランスはコンパクトながら奥行きを感じさせる設えとした。

 共用部は、非接触エレベーターや手洗い設備、居住者専用の非常用防災庫を設置。エントランス・エレベーター・専有住戸部分のトリプルセキュリティを完備した。また各戸の内装仕上げや住設機器は分譲マンションのクオリティを採用することで、賃貸でありながら上質で充実した暮らしを実現する。


■辻堂でインキュベーション機能持つシェアオフィス開設 undone
 地域活性・イノベーション創出事業などを手掛けるundone(神奈川県藤沢市、相澤利春社長)は9月、同市辻堂エリアにシェアオフィス「U-Port Shonan」を開設する。8月7日に問い合わせや入居申し込みの受付を開始した。
 同社は、同オフィスを「インキュベーション機能を持つ次世代シェアオフィス」と位置付けており、起業や新事業創出の支援・促進に向けた機能を持たせた。具体的には、専門家によるオープンメンター制度や提携金融機関による支援などを活用できる施設とする方針。
 同オフィスの立地はJR線辻堂駅から徒歩5分。最大3~4人を対象とした個室・半個室のオフィス計14室と、個人利用向けのフリーデスク約50席を備える。詳細は専用サイト(https://u-port-shonan.studio.site/)を参照のこと。


■中古マンション物価格情報サイトを新規開設 NERD
 NERD(ナード、東京都墨田区)は、中古マンションの物件価格情報を公開するサイト「PRECIO」(プレシオ)を8月11日に新たに開設した。全国で販売中で、さまざまな物件紹介サイトに掲載されている中古マンションの物件概要や物件価格の情報を集約している。

 無料で閲覧できる。会員登録機能を使うと、気になった物件を保存してその価格の推移を確認できる。サイトURL(https://precio.tech/)。


■住宅は前月比0.7%増 不動産価格指数・21年4月
 国土交通省が発表した21年4月の不動産価格指数(住宅、季節調整値)によると、全国住宅総合指数は118.0で、前月比は0.7%増となった。内訳を見ると、住宅地については前月比0.9%増の101.7、戸建て住宅は同0.3%減の103.6、マンションは同1.2%増の161.3。

 圏域別(三大都市圏)の総合指数を見ると、南関東圏は121.2(前月比0.6%増)、名古屋圏は112.1(同0.3%増)、京阪神圏は122.1(同1.6%増)で、いずれもプラスとなった。内訳では、住宅地は名古屋圏がマイナスとなったのに対し、戸建て住宅は南関東圏と京阪神圏がマイナス。マンションは全圏域でプラスとなり、価格指数の上昇が見受けられる結果となった。

 同指数は10年平均を100としている。


■三井不、九電、西鉄 商業施設「ららぽーと福岡」屋上にスポーツ施設
 三井不動産、九州電力、西日本鉄道が事業を推進する「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」(福岡市博多区)の屋上に、「MIFA Football Park 福岡」をオープンする。竣工・開業は22年春を予定。同施設は、Mr.Children桜井和寿とGAKU-MCのユニット「ウカスカジー」が所属し、音楽とフットボールを通じて様々なコミュニケーションを創造する団体「MIFA」(ミーファ)が運営。東京(新豊洲・立川)・仙台に続き、福岡が4施設目で、今回が九州初進出となる。

 更に、「ららぽーと福岡」の広大な屋上には、200m陸上トラックやテニスコート、3x3バスケットボールコートを有する「スポーツパーク」も誕生。施設全体で1万平方メートル超規模のスポーツの拠点を形成する。ショッピングや食、エンターテインメント等の集積に加え、スポーツを通じて、子どもから大人まで健康になると共に、地域・世代・性別を超えて人と人が触れ合い、つながり、感動を共有できる施設を目指す。


■東京建物、国連グローバル・コンパクトに参加
 東京建物は、国際連合が提唱する「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名し、7月29日付で参加企業として登録された。同時に、UNGCに署名している日本企業などで構成される「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン」に加入した。同社グループは「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」の4分野からなるUNGCを支持する。

 同社グループは「社会課題の解決」と「企業としての成長」をより高い次元で両立 する 長期ビジョン「次世代デベロッパーへ」を掲げている。 事業にかかわるあらゆるステークホルダーの人権を尊重することの重要性を強く意識し、5月には、「東京建物グループ人権方針」 を制定すると共に、人権、労働問題、環境保全等 の社会課題について、サプライチェーン全体での取り組みを強化すべく「サステナブル調達基準」を策定した。

 UNGCは各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み。UNGCに署名する企業・団体は、人権の保護、不当な労働の排除、環境への対応、腐敗の防止に関わる10の原則に賛同する企業トップ自らのコミットメントのもと、その実現に向けて努力を継続することが求められる。


■ライフル 本田翼さんの新CM開始
 ライフルは8月16日から、女優の本田翼さん出演の新CM「住まい探しをスムーズに」を開始した。漫画家の大童澄瞳さんが書き下ろしたアニメの世界を舞台に、本田さんと情報サイト「ライフルホームズ」のイメージキャラクターのホームズくんが、住まい探しを楽しむ内容。


■現場施工管理サービスをオフラインの地下空間でも利用可に KCCS
 KCCSモバイルエンジニアリング(東京都港区)は、工事・点検業務関係者の業務管理や効率化を実現する現場施工管理クラウドサービス「SmartBee」で、一部機能をオフライン状況下でも対応できるようにした。地下空間やトンネル内などの電波が届かない場所でも利用できる。

 同サービスは、導入企業が現在使っている端末で、作業項目や現場情報をリアルタイムで共有して一括管理できる。一般的にクラウドサービスは電波の届かない場所では使えない。そのため、地下空間の作業ではいったん紙にメモし、地上に出た際に、あらためて端末に情報を入力する手間がある。記入漏れなどの恐れもある。そこで今回、事前に入力フォームをダウンロードして地下空間で一時保存する形を採用した。


■クラウド型電子署名サービス協議会が発足 弁護士ドットコムなど7社
 クラウド型電子署名・電子契約サービスを提供する弁護士ドットコム(東京都港区)などの国内事業者7社は、「クラウド型電子署名サービス協議会」を8月16日に設立した。21年9月に設置されるデジタル庁が主導するトラストサービス(電子認証サービス)に関する法制度の整備に対して意見提言し、デジタル化の推進を支援する。

 事務局は、弁護士ドットコム内に置く。参画企業は、アドビ、サイトビジット、ドキュサイン・ジャパン、ネオキャリア、freee、弁護士ドットコム、マネーフォワードの計7社で、情報交換や連携を行い、電子署名サービスの普及を推進する。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.