English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2020年2月28日

■シニア向け分譲マンション「つくばみらい」が優秀賞に、フージャース  フージャースホールディングスのグループ会社であるフージャースケアデザインは2月20日、優れた取り組みをしている高齢者住宅を選考・表彰する「リビング・オブ・ザ・イヤー2019」(主催・高齢者住宅経営者連絡協議会)で優秀賞を受賞したと発表した。受賞したのは同HDグループが15年に開発・分譲したシニア向け分譲マンション「デュオセーヌつくばみらい」。ケアデザインが運営している。開発から運営までの一貫体制や、入居者それぞれの状況に合わせて認知症や介護予防などのサービスを提供している点が評価されたという。

■投資家調査、7割が高い金利で借り入れ MFS調べ  MFSは、オンライン不動産投資ローンサービス「モゲチェック不動産投資」を利用する約2000人のサラリーマン投資家などに調査を行い、約7割のユーザーが2%以上の高い金利で借り入れを行っていると発表した。  また、不動産投資家の約8割が年収や資産状況に見合わない額のローンを借りており、全体の年収倍率は平均11.8倍で、10倍超の借り入れがあるユーザーは全体の35%を占めていた。  不動産投資ローンコンサルタントで、同社の不動産投資事業部長の浦濱純一氏は、「一つの目安として、年収倍率が10倍を超えると借り入れの難度が上がると考えたほうがよい。もし、追加物件の購入を検討している場合は、購入前に既存物件の借り換えを先に実施するのが賢明といえる」としている。  この調査は、モゲチェック不動産投資の「借り換えサービス」および「新規借入可能額推定サービス」を19年2月19日から20年2月5日の間に利用したユーザー1978人(保有物件5510件)に対して、今年の2月11日に行った。

■東急不、3月から「東京ポートシティ竹芝」の賃貸住宅入居者募集  東急不動産は、複合再開発「東京ポートシティ竹芝」(東京都港区海岸1丁目)のレジデンスタワーにおいて、一般賃貸住宅とシェアハウスの入居者募集を3月2日から開始する。レジデンスタワーは一般賃貸住宅(138戸)、シェアハウス(44戸)、サービスアパートメント(80戸)の3タイプで合計262戸を供給。また、1階部分に保育所を併設する。  一般賃貸住宅は、9~16階の一般住戸(1R~2LDK、専有面積35~125平方メートル)と17、18階のプレミアム住戸(2LDK~3LDK、同100~125平方メートル)で構成。全3フロアのシェアハウスは、1R~1LDK(26~37平方メートル)で、入居者専用のラウンジをDIYとビジネスをテーマに計画した。運営は、東急住宅リースが行う。

■IKEAが横浜市営住宅にLED電球1300個を提供  IKEA港北は、神奈川県横浜市との連携協定に基づき、瀬谷区内の2つの市営住宅(南台ハイツ、楽老ハイツ)の高齢者世帯を対象にLED電球1300個を提供する。  2月27日、南台ハイツB集会所で贈呈式(午後7時~8時)を行うと共に、IKEA港北コワーカーと市職員が、高齢者世帯を訪問しLED電球への交換作業を行う。  詳細はホームページ(https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/seya/2019/led_seya.html)を参照。

■リノベるが戸建て活用セミナー、〝多拠点居住〟アドレスと合同 23日、渋谷で  リノベる(山下智弘社長)は2月23日、多拠点ライフプラットフォームサービス「ADDress」を提供するアドレス(佐別当隆志社長)と合同で、戸建て有効活用セミナーを開催する。リノベるが進める戦略投資プロジェクト「。Fund」の投資先であるアドレスとの第1弾の取り組み。戸建てのオーナーを対象に、「リノベーション」「多拠点生活」という二方向から戸建ての有効活用方法を提案する。定員15組30人。参加無料。午後1時~2時半、東京都渋谷区のリノベる本社ショールームで。詳細は以下URL(https://www.renoveru.jp/events/special_address01/showroom-labo)を参照のこと。

■三井不、みゆき通り沿いに「銀座5丁目グローブ」  三井不動産は、「(仮称)銀座五丁目計画」(東京都中央区銀座5丁目)の建物名称を「銀座5丁目グローブ」(鉄骨造り・地下1階地上3階建て)に決定した。竣工は3月13日を予定。同物件は、銀座エリアの中でもハイブランドが建ち並ぶみゆき通り沿いに立地。1、2階にはバッグなどのブランドトゥミの国内最大直営店が3月27日に、地下にはスペインレストラン銀座エスペロが3月30日にそれぞれオープンする。

■三菱地所、日比谷国際ビルの大規模改修が完了  三菱地所は、「日比谷国際ビル」(東京都千代田区内幸町2丁目)の大規模改修工事が2月13日に完了した。同ビルは81年に竣工。18年4月からオフィスフロア、飲食フロア、外構など順次リニューアルを進めてきた。地下2階の飲食フロアにおいて、東京初出店の5店舗を含む計10店舗の九州と下町の酒肴が楽しめる屋台村「日ゞ小路(ひびこうじ)」を2月20日に開業した。

a ■120平米の市有地を先着順売り払い、5月29日まで 川崎市  神奈川県川崎市は、同市中原区の市有地の先着順での売り払いを実施している。受付期間は5月29日まで。  対象地は、中原区新丸子東1丁目790番4、5。東急東横線・目黒線新丸子駅徒歩3分。宅地。面積約120平方メートル。用途地域は商業地域。建ぺい率・容積率は80/400%。最低売却価格は8890万円。問い合わせ先は、川崎市財政局資産管理部資産運用課。  詳細はホームページ(http://www.city.kawasaki.jp/230/page/0000113438.html)を参照のこと。

■大阪・夢洲地区IR事業にオリックスが応募  大阪府及び大阪市はこのほど、「大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業」を実施する民間事業者公募の参加資格審査の結果を公表した。  応募者数は1者で、MGM・オリックスコンソーシアム(MGMリゾーツ・インターナショナル/オリックス株式会社)。6月ごろに設置運営事業予定者の選定を行う。  詳細はホームページ(http://www.pref.osaka.lg.jp/irs-suishin/osakair-jigyou/bosyuyoukou.html)を参照。

■都・千代田区が鉄腕アトムのデザインマンホールを設置  東京都と千代田区は2月25日、「鉄腕アトム」の作中キャラクターと区の花さくらをあしらったデザインマンホール(3種類)を明大通りに設置した。併せて、東京都と下水道広報プラットフォームが連携し、3月9日からアトムのマンホールカードの配布する。配布場所は、千代田区観光案内所。  詳細はホームページ(https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/shigoto/sangyo/manhole.html)を参照。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.