English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2019年10月4日

■住友不動産 高島準司会長が死去、小野寺研一副会長が会長に  住友不動産の高島準司代表取締役会長が9月25日に死去し、同日付で代表取締役を退任した。89歳。同社が9月30日に明らかにした。通夜・告別式は近親者で執り行われ、後日「お別れの会」を行う予定。  併せて、同社は9月30日付で小野寺研一取締役副会長を取締役会長に昇格させる人事を発表した。

■住んでみたい街トップは5年連続「恵比寿」、マンション供給大手7社  マンション供給大手7社が運営する新築マンションポータルサイト「メジャーセブン」が購入意向者に聞いた「住んでみたい街アンケート」によると、首都圏は「恵比寿」が5年連続トップになった。支持する理由の上位には「交通の便がよい」「おしゃれ」「高級感がある」が挙がっている。  2位は「品川」、3位は「目黒」。男女別では、男性のトップ3は全体と同じだが、女性の2位が「目黒」、3位が「自由が丘」と差が出た。

■東武野田線、急行運転区間を拡充 柏~船橋間11分短縮  東武鉄道は9月27日、20年3月に東武アーバンパークライン(野田線)でダイヤ改正を実施し、新たに運河~船橋間で急行運転を始めると発表した。これにより、柏~船橋間で最大11分、大宮~船橋間(野田線全線)で最大16分、所要時間が短縮となる。  また、都心からの他社線最終列車との接続ができるよう最終列車の大幅な繰り下げ(最大約30分)も実施する。  同社では、このほか着席通勤の需要に応える特急の運転区間を拡充するなど、特に千葉県北西部から都心方面への速達性向上や地域間交流の促進などにも大きく寄与していくとしている。

■10月から宅建マイスター認定試験の申込受け付け開始 不動産流通推進センター  不動産流通推進センターは10月1日から「第4回宅建マイスター認定試験」の申込受け付けを開始する(20年1月10日締め切り)。より高度な能力を持つ"宅地建物取引のエキスパート"として認定する資格。  試験は20年1月29日、東京会場はTKP市ヶ谷カンファレンスセンター、大阪会場は全日大阪会館で。受験料1万2500円。試験は記述式で、売買契約、重要事項説明に関して。受験資格は、現在宅建業に従事している人で、(1)宅地建物取引士証取得後、5年以上の実務経験を有する、(2)同センターが実施する「不動産流通実務検定〝スコア〟で600点以上を得点している――のいずれかを満たしていること(試験当日に有効な宅地建物取引士証を提示できること)。詳細・申し込みは下記URL(https://www.retpc.jp/meister/)から確認を。

■郊外の魅力的な暮らし方募集「はまっこ郊外暮らしコンペティション」  横浜市立大学・京浜急行電鉄・横浜市の三者は、横浜市内における新たな郊外の暮らし方のアイディアを募集する「はまっこ郊外暮らしコンペティション」を開催する。応募期間は12 月12 日まで。審査通過発表は20年3月2日(ホームページ掲載等)、3月24日には審査通過者による公開プレゼン審査(予定)と表彰式、シンポジウムを開催する。  テーマは、空き家等を活用して実現する、横浜の郊外住宅地における魅力的な「暮らし方」。応募資格は不問(プロ・アマ問わず)。審査員(予定、敬称略)は、齊藤広子(横浜市立大学)、大島芳彦(ブルースタジオ)、池本洋一(リクルート住まいカンパニー)、吉里裕也(R不動産)、横浜市都市整備局、京浜急行電鉄。入選作品には、大賞、市長賞、横浜市立大学賞、京急賞が贈られる。  問合せ先は、横浜市立大学 企画財務課 地域貢献担当(http://www.hamakko-kougai.com/)。

■東京建物、ルームフレグランスを3種開発  東京建物は、働く女性のための住まいづくりプロジェクト「Bloomoi(ブルーモア)」によるオリジナルルームフレグランスを3種類開発した。住まいへ求めるものが広さやスペック以上に暮らし方を重視する傾向にあり、五感に訴えかけることで充実した時間を過ごす空間作りへ関心が高まっている。今回、同プロジェクトでは「嗅覚」に着目し、北海道下川町の「フプの森」と協業。オリジナルルームフレグランスは販促の一環として、分譲マンション「Brillia」の販売センターで来場者に配布。将来の販売も視野に入れる。

■10月1日から「温活」リフォームでキャンペーン MADOショップ  YKKAPとパートナーシップを結び、全国に約1100カ店を展開している窓リフォームの「MADOショップ」は10月1日から、「窓・玄関リフォーム"今ならお得"キャンペーン」開始した。これは住まいの寒さや結露が気になる秋冬に向けた「温活」の一環で、期間は12月末(工事完了分)まで。  消費増税に合わせて展開される、国土交通省の「次世代住宅ポイント制度」では最大30 万ポイント/戸が付与される。そのタイミングに合わせた今回のキャンペーンでは、対象者・対象商品であれば、Tポイントを通常の2倍付与する。2倍付与に加え、抽選で10人にTポイントを通常設定の10倍加算する。  MADOショップの『温活』サイトのURLはhttps://www.madoshop.jp/onkatsu/

■神奈川県相模原市、「景観シンポジウム」10月6日開催  神奈川県相模原市は10月6日、景観シンポジウム「~さがみはらの未来の景観をみんなで思い描こう~」を開催する。参加費は無料。定員は100人(申し込み順)。  時間は午後1時半~3時半。会場は相模原市民会館。基調講演は、芝浦工業大学システム理工学部の鈴木俊治教授が「これからの景観まちづくり」をテーマに行い、その後パネルディスカッションを行う。  申し込みは相模原市建築・住まい政策課。電話は042(769)9252。

■マンション維持修繕技術者試験の受付開始、今年度から全て択一式に  マンション管理業協会(岡本潮理事長)はこのほど、「令和元年度マンション維持修繕技術者試験」の受験申し込み受け付けを始めた。同協会が配付、または同協会ホームページからダウンロードした申し込み案内書を使用し、10月31日までに郵送で申し込む。受験料は1万1000円。  試験日は20年1月19日。試験方法は、四肢択一式で全50問。昨年度まで実施していた記述式はない。

■東京都八王子市「分譲マンション管理セミナー」10月12日開催  東京都八王子市は10月12日、「大規模修繕工事と管理組合会計~マンションの居住価値を守るために~」をテーマに無料の第2回分譲マンション管理セミナーを開催する。定員は50人。  開催時間は午前9時30分~11時50分。会場は、クリエイトホール11階(八王子市東町5-6)。  問い合わせ先は八王子市まちなみ整備部住宅政策課、電話は042(620)7260。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.