English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2019年8月2日

■住宅建築の生産性向上へ 技術開発支援事業で5件を採択 国交省  国土交通省は7月24日、4月から5月にかけて公募していた19年度「住宅生産技術イノベーション促進事業」について、5件の技術開発提案を採択した。住宅建築分野の生産性向上につながる、新たな技術やサービスの開発・実証等に対し国が費用の一部を補助する支援事業。補助率は技術開発費用の2分の1以内で、上限は1件当たり5000万円。  採択された提案名と事業者(敬称略)は以下の通り。

 「次世代優良住宅耐震システムの開発」鈴木強(工務店フォーラム理事)/渡辺秀治(白山工業取締役経営企画部長)/槻橋正幸(益田建設課長)▽「木造屋根の耐久性・施工性向上のための防水・通気工法の開発」坂本雄三(き塾理事、東京大学名誉教授)/永井大嗣(ナガイ社長)/大嶋洋一(藤島建設取締役専務)▽「ストック中古流通拡大へ向けた既存住宅の活用の為の構造判定システムの開発」原澤浩毅(ハラサワホーム代表取締役)/朝川剛(東京電機大学准教授)/三田村輝章(前橋工科大学准教授)▽「高減衰ハイブリッドスチール建築システムの開発と生産システムの合理化」山口誠(MDI次長)/脇田健裕(アルキテック代表取締役)/曽田五月也(早稲田大学名誉教授)▽「組立鉄筋ユニットを用いた住宅用基礎の設計・施工指針に関する技術開発」佐藤収一(日本住宅基礎鉄筋工業会理事長)/中野克彦(千葉工業大学教授)/磯雅人(福井大学教授)/松崎育弘(東京理科大学名誉教授)/迫田丈志(堀江建築工学研究所取締役企画開発部長)

■アットホーム、キャッシュレス化推進 経産省の実施事業参画で  アットホーム(東京都大田区)は経済産業省が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」に参画し、キャッシュレスB型決済事業者(キャッシュレス加盟店支援事業者)として登録されたと発表した。  これにより、アットホーム加盟店は、補助事業加盟店登録を行うことで、19年10月1日からアットホームの「クレジットカード決済サービス」を利用した決済について、国から手数料の3分の1の補助を受けられるようになる。また、同事業に登録を行った加盟店でクレジットカードによる決済を行った消費者は、最大5%のポイント還元が受けられる。

■東京建物、「DNP五反田ビル」を取得  東京建物は、7月26日付けで大日本印刷と「DNP五反田ビル」(東京都品川区西五反田3丁目)を信託財産とする信託受益権の売買契約を締結した。同物件は、大日本印刷が自社で利用している築13年のオフィスビルで、JR山手線、都営浅草線五反田駅から徒歩6分の立地。同社は、ポートフォリオの拡充と収益基盤の強化に寄与するものとし、固定資産として同物件を中長期的に保有していく方針だ。なお、同物件の引き渡しは、9月末を予定しており、引き渡し時に同社と大日本印刷との間で賃貸借契約を締結し、引き続き大日本印刷が使用する。

■「木造先導プロジェクト2019」第1回公募で7件採択 国交省  国土交通省は7月26日、19年度「サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」(木造先導プロジェクト2019)の第1回採択プロジェクトを発表した。構造・防火や生産システムの面で先導的な設計・施工技術の普及などを図るため、木造の住宅・建築物のリーディングプロジェクトを支援するもの。  今回は合計で17件の応募があり、そのうち「一般建築物」6件(応募は15件)と「木造実験棟」1件(同2件)が支援対象プロジェクトとして採択された。採択プロジェクトの名称、提案者、建設地、延べ面積、階数、補助限度額は以下の通り。

 【一般建築物】大崎市鳴子総合支所庁舎等複合施設建設事業/宮城県大崎市/同/1745平方メートル/地上2階/8242万2000円▽中央大学多摩キャンパス学部共通棟新築工事/学校法人中央大学/東京都八王子市/1万4500平方メートル/地上6階/1580万3000円▽玉川学園学生寮建設工事/学校法人玉川学園/東京都町田市/6147平方メートル/地上9階/3億円▽ (仮称)OYプロジェクト計画/大林組/神奈川県横浜市/3497平方メートル/地上10階/3億円▽京丹波町新庁舎整備事業/京都府京丹波町/同/4906平方メートル/地上2階/1億5366万8000円▽旧岡山市立福谷小学校改修計画/D&Tファーム/岡山県岡山市/2450平方メートル/地上3階/2533万7000円  【木造実験棟】CLT遮音実験棟新築工事/日本CLT協会/大阪府吹田市/80平方メートル/地上2階/3000万円

■「公共トイレ検索アプリ」展開の米スタートアップに出資 TOTO  TOTOは7月30日、米国のスタートアップ企業「Good2Go,Inc.(グッド・トゥー・ゴー、以下グッド社)」(Fran Heller代表、カリフォルニア州サンフランシスコ)へ出資を行うことを発表した。  グッド社は14年設立で、トイレに関わるアプリ開発などを手掛ける企業。米国は公共トイレの数が少なく、衛生面や安全性に大きな課題がある。そこでグッド社は、「誰もが快適なトイレにいつでもアクセスできること」をビジョンに掲げ、市内の飲食店などと連携してトイレを改装。独自開発アプリを通して快適なトイレを検索・予約・利用できるサービスを展開している。また、将来的には「誰もが快適なトイレをアプリで呼べるサービス」の提供を目指し、モバイルトイレの実証試験も行っている。  TOTOはグッド社への出資により、「当社の持つ知見を生かし、スタートアップ企業と連携することでパブリックトイレにおける新しい価値創造の実現に取り組む」としている。

■沖縄の風雨に対応した木造住宅用アルミ樹脂複合窓を開発 YKKAP  YKKAPは木造住宅用アルミ樹脂複合窓では業界トップクラスの性能となるJIS等級の水密性W--5・耐風圧性Sー5を実現した「エピソードNEO(ネオ)―R(アール)」を開発。7月29日から沖縄県で、8月1日からは沖縄県以外の地域で販売を開始する。  新製品は1時間当たり240ミリ相当の降雨、風速20~35メートル(秒速)相当の風が吹いても窓からの雨の浸入を防ぐ水密性と、風速62メートル(同)相当の強風にも耐える耐風圧性を確保。近年、沖縄では木造が増加しており、台風対策を見込む。  更に、アルミ樹脂複合フレーム+Low―E複層ガラス(遮熱タイプ)の仕様で、外気温や太陽熱による室内への影響を低減する。  窓種は引違い窓、FIX窓、タテすべり出し窓、すべり出し窓、通風ドア。参考価格(部材標準販売価格。消費税、ガラス代・組立費および搬入費、施工費等含まず)は引違い窓(幅1690ミリ×高さ1170ミリ)で6万5200円。売上目標は20年度で1億5000万円を目指す。

■住宅ローンの取り扱いをスタート ジャパンネット銀行  ジャパンネット銀行(東京都新宿区、田鎖智人社長)は7月30日から、住宅ローンの取り扱いを開始した。  金利を他のネット銀行に比べても低く抑えたり(基準金利を基にユーザーの契約に基づき決定)、一般団信の保険料などを無料にした。また、書類の提出もスマホなどで写真に撮り、アップロードで行えるなど、手続きもシンプルにしている。  同行では、審査から契約までスマートフォンやパソコンで申し込みできるようにすることで、24時間365日、ユーザー自身の都合に合わせて利用できる住宅ローンを目指したとしている。

■「高輪一丁目共同建替計画」の本体工事が8月に着手  大和ハウス工業は7月29日、参加組合員として名を連ねる「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の本体工事が8月に着工されることを発表した。  建て替え対象は70年建設の「パシフィック高輪マンション」と、79年建設の「トーア第二高輪マンション」。既に解体工事は18年5月から実施していた。竣工は23年1月を予定しており、同社が取得する保留床は分譲マンションとして20年度にモデルルームを開設し、販売を開始する予定だ。  同建替計画の敷地面積は2棟の建て替え対象マンションとその隣接地で2136平方メートル。再建後のマンションは鉄筋コンクリート造の地上35階地下3階建て。専有面積は1万7825平方メートル。戸数は284戸。間取りは1R~4LDKで、住戸面積は29~117平方メートルとなる。

■賃貸住宅にカーシェアリングを試行導入 大東建託×タイムズ24  大東建託とタイムズ24は2019年8月1日から、大東建託グループが管理する首都圏の賃貸住宅の駐車場を活用し、タイムズ24が運営するカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」を試行導入する。利用は入居者でなくても、タイムズカーシェアの会員であれば可能とする。

 対象は渋谷区や世田谷区内などにある10棟で、計11台分のカーシェリング車両を配備する。2019年12月末まで利用状況を検証し、2020年からの本格導入を目指す。タイムズカーシェアのサービスは会員登録すれば、全国に配備している車両を24時間いつでも好きな時に借りることができる。

■リフォームコンテストの作品を8月1日から募集開始 TDY3社  TOTO、大建工業、YKKAPのTDY3社は8月1日から、「TDYリモデルスマイル作品コンテスト2019」の作品を募集する。応募期間は10月末まで。リモデルはリフォームを通して新しい生活スタイルを提案することを意味する。  応募資格はリモデル工事を提案し、設計または施工した店舗・事務所など(「TOTOリモデルクラブ」に加盟していなくても応募可能)。応募条件は18年10月26日以降にリモデル工事を完了した物件で、トイレ、洗面化粧台、システムキッチン、システムバス、ユニットバスのいずれかにTDY各社いずれかの商品を採用していることとなる。  応募方法や応募用資料など詳細は、TOTOの専門家向けウェブサイト「COM-ET」(https://www.com-et.com/jp/)の関連情報コーナーに掲載している。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.