English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2019年6月7日

■経営トップに井上副社長が昇格 パナソニックホームズ  パナソニックは5月31日、パナソニックホームズの社長に井上二郎取締役副社長執行役員が昇格する人事を決めた。井上副社長はライフソリューションズ社常務を兼務する。パナソニックホームズの松下龍二社長は現職の執行役員ライフソリューションズ社副社長にはとどまる。就任日はいずれも6月20日付。  井上氏は81年3月に米子工業高等専門学校建築学科を卒業し、同4月に松下電器産業(現パナソニック)入社。58歳。

■三菱地所が台湾で初の住宅事業、分譲マンション販売開始  三菱地所は5月30日、台湾でグループ初の住宅開発事業を行う。現地の不動産ディベロッパー「潤泰創新国際」と共同で進めている分譲マンション「潤泰峰匯」(新北市板橋区江翠開発区)の販売を同日付で開始。住宅棟2棟(地上23階地下3階建て)で、計画戸数は220戸(うち販売は101戸)、間取りは2LDK~4LDK(共有部含み89~181平方メートル)。竣工は21年2月を予定している。  最寄り駅であるMRT「江子翠駅」から徒歩7分の立地。新北市板橋区は、台北市に隣接するベッドタウンで、今後の人口増加が見込まれているエリア。今回のプロジェクトは、潤泰創新国際との関係強化により実現した「南港CITY LINK(台湾南港プロジェクト)」に続く共同事業第2弾となる。

■安心R住宅、1年間の流通実績は1266件 国交省調べ  国土交通省は5月31日、18年4月に本格始動した安心R住宅制度(特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度)の19年3月末時点での制度実施状況が1266件だったと発表した。この数字は、広告に同制度の標章(ロゴマーク)が使用されるなどした物件数の合計。前回調査時(18年9月末時点)の482件から784件増加した。

■省エネ住宅無料講座 6月8、9日開催 横浜市  神奈川県横浜市は6月8日と9日の両日、「よこはま省エネルギー住宅アカデミー特別講座」を開催する。新築・リフォームによる健康・快適な住まいづくりや、同市の省エネ住宅補助制度を紹介する。講師は、住まいるサポートの高橋彰社長。参加費は無料。  6月8日は、午後1~3時・菊名地区センター(定員50人)。同9日は、午後1~3時・野毛地区センター(定員20人)。受付は先着順。問い合わせは同市建築局住宅政策課、電話045(671)2917へ。  詳細はホームページ(https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/kenchiku/2019/0524academy.html)を参照のこと。

■小規模不特事業の指定実務講習、第1号にビル経営センター 国交省  国土交通省は5月29日、日本ビルヂング経営センターが実施予定の講習を、小規模不動産特定共同事業の実務講習として初めて指定した。  小規模不特事業を行うためには、事務所ごとに業務管理者を置く必要がある。そしてこの業務管理者となるためには、「主務大臣が指定する小規模不動産特定共同事業に関する実務についての講習」を受講することが要件となっている。  実施予定の講習は、9月から10月末まで申し込みを受け付け、履修期間は11月から20年3月末までとなる予定。詳細は同センター、電話03(3211)6711へ。

■6月18日に初の「中期運営方針」を発表へ 日本賃貸住宅管理協会  日本賃貸住宅管理協会(日管協)は2019年6月18日に東京・明治記念館で開催する会員総会で、日管協として初となる「中期運営方針」を発表する。

 当日は、2019年度の事業計画や活動方針を説明し、記念講演では、前宮崎県知事で元衆議院議員の東国原英夫氏が「逆境を生き抜く思考力」をテーマに講話する。参加費は1人5000円。参加申し込みを日管協ホームページで受け付けている。

■6月3日から「木のあるくらし 作文コンクール」の作品を募集 木住協  日本木造住宅産業協会は6月3日から、「木のあるくらし 作文コンクール」への作品を募集する。応募期間は9月6日まで(消印有効)。同コンクールは毎年10月の住生活月間イベントとして、全国の小学生や海外の日本人学校の生徒を対象に実施しているもの。今年で22回目となる。  作文テーマは「木のあるくらし」。応募は低学年の部(小学1~3年生)、高学年の部(小学4~6年生)の2部門。文字数は1200字以内。応募方法など詳細は同協会ウェブサイト内(https://www.mokujukyo.or.jp/homeinfo/kids/concour.php)に記載している。  表彰式は10月26日に東京都内で開く。国土交通大臣賞、文部科学大臣賞、農林水産大臣賞、環境大臣賞、外務大臣賞の大臣賞をはじめ、最優秀団体賞など各賞を設けている。

■さいたま市が消費税率引き上げへの対応で緊急特別資金融資  埼玉県さいたま市は、6月10日から「さいたま市緊急特別資金融資【消費税率引上げ対応】」の申し込みを受け付ける。消費税率引き上げ前後の資金需要が高まる時期に向けて、市内中小企業者の円滑な資金調達を支援することが目的。融資総額は70億円。  申込期間は6月10日から10月31日まで。資金使途は運転資金。申請限度額は3000万円。返済期間は7年以内。利率は年0.80%。問い合わせ先は、さいたま市経済政策課。  詳細はホームページ(https://www.city.saitama.jp/006/014/008/003/008/003/p065049.html)を参照。

■「横浜の交通を考えるシンポジウム2」6月29日開催  神奈川県横浜市は6月29日、「横浜の交通を考えるシンポジウム2(これからの横浜の交通)」を開催する。  6月29日の午後2時~4時。会場は、波止場会館5階多目的ホール。参加費は無料で、定員は100名。問い合わせは同市都市整備局都市交通部都市交通課、電話045(671)4128へ。  詳細はホームページ(https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/toshi/2019/0531press-symposium.html)を参照のこと。

■業務効率化する不動産テックサービスをプレサンスに提供 イタンジ  イタンジ(東京都港区)は、提供する空室確認電話の自動応答システム「ぶっかくん」と入居希望者のウェブ受付システム「申込受付くん」について、プレサンスコーポレーション(大阪市中央区)への提供決めた。プレサンスでは、これらの導入で年間約3630時間の業務時間の削減や入居申し込みのペーパーレス化を実現し、賃貸管理業務の効率化を図る考え。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.