English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2019年4月12日

■19年度「住宅ストック維持・向上促進事業」の提案募集開始 国交省  国土交通省は現在、19年度の「住宅ストック維持・向上促進事業」について、支援対象となる提案の募集を行っている。募集締め切りは4月24日(継続事業は12日)まで。  同事業は既存住宅・リフォーム市場の発展へ向け、良質な住宅ストックが適正に評価され消費者の住生活ニーズに的確に対応できる環境の整備に取り組む事業者等を支援するもの。  募集する事業提案は、(1)住まいの価値向上プロジェクト、(2)消費者の相談体制の整備事業、(3)リフォームの担い手支援事業――の3分野。  (1)は関連する主体が連携した協議会等の事業を対象に、良質な住宅ストックの維持向上、評価、流通金融等の一体的な仕組みの開発や周知、施行を支援するもの。更に「安心R住宅」については特別枠を設定し、優先的に支援する。(安心R住宅版の場合の募集締め切りは12月27日)  (2)は、住宅関連の協議会等が対象で、住生活に関するニーズを一元的に受け付け、専門家が連携して多様な消費者のニーズに対して的確に助言や提案を行うサポート体制の整備を支援。(3)は民間事業者が対象。リフォーム事業者の資格や施工実績などの情報を提供し、トラブル対応の第三者委員会を設置するなど、消費者が安心して事業者を選択できるウェブサイトの整備を支援するもの。  応募に当たっては、住宅瑕疵担保責任保険協会のホームページ(https://www.kashihoken.or.jp/homestock2/)で応募書類や提出方法などを参照のこと。問い合わせは同協会、電話03(3580)0331へ。

■札幌駅南口の西武跡地で再開発準備組合が発足  北海道札幌市の札幌駅南口の北4条西3丁目地区に市街地再開発準備組合が5月に発足する。  旧札幌西武の跡地を含む区域で、地権者はヨドバシホールディングスを含む16人。

■東急不動産、渋谷・道玄坂にスタートアップ向けオフィス  東急不動産は、スタートアップ向けオフィス「GUILD Dogenzaka(ギルド ドウゲンザカ)」(東京都渋谷区道玄坂)を4月1日に開設した。ギルドシリーズでは3店舗目。渋谷駅周辺を中心としたエリアである広域渋谷圏を、一層スタートアップに寄り添う街とすることを目指しており、同社は今後もギルドシリーズを展開する。  ギルド ドウゲンザカは、築56年の既存ビルの一部をリノベーションした、スタートアップ向けスモールオフィス。渋谷でコワーキングスペースからの独立や新たに渋谷への進出を希望するスタートアップの需要に応える。家具付きの小割専有オフィスのほか、ベンチャーキャピタルと協業し、様々なプログラムを通じてスタートアップの成長につながる機会を提供する。

■不動産・建設転職専門サイトを開始 リビン・テクノロジーズ  不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」(https://www.lvnmatch.com/)を運営するリビン・テクノロジーズはこのほど、不動産・建設業界への転職をサポートする専門サイト「不動産&建設転職エージェント」(https://www.lvnhr.jp/)を始めた。  同社では17年10月から、不動産・建設業界に特化した人材紹介事業を開始しており、現在取引社数200社、取り扱い求人数550件を突破している。更に、専門サイトの開始により集客を強化し、不動産・建設業界における雇用を増加させ、業界活性化に貢献していくとしている。

■岡山市駅前町一丁目 2番3番4番地区再開発、都市計画決定  岡山県岡山市の「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」は3月29日、都市計画決定を受けた。同事業は、野村不動産を代表企業とするグループ(野村不動産、JR 西日本不動産開発、奥村組)が事業協力者として参画している。  所在地は、岡山市北区駅前町一丁目2番3番4番(地番)。岡山駅徒歩1分の約1.4ヘクタール。今後、商業、ホテル、コンベンション、住宅が入る再開発ビルを整備する。19年度に再開発組合を設立し、22年度の着工、25年度の竣工を予定している。

■1月の土地取引動向調査、全地域でDIが低下 国交省   国土交通省はこのほど、1月の土地取引動向調査の結果をまとめ、公表した。土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要企業を対象に、土地取引などに関する短期的な意向を調査し、回答の割合を数値化した簡潔な先行指標として、年2回作成しているもの。  調査対象企業は上場企業1750社、非上場企業(資本金10億円以上)1750社の計3500社。今回の有効回答数は計1062社で、有効回答率は30.3%だった。  同調査によると、「現在の土地取引状況の判断」について企業の業況感などを数値化したDI(「活発」から「不活発」を引いたもの)は、東京(23区内)が前回調査(18年8月)比8.8ポイント減のプラス34.3ポイント、大阪(府内)は同11.6ポイント減のプラス19.5ポイント、その他の地域は同6.8ポイント減でマイナス10.8ポイント。すべての地域で前回調査時の数値を下回った。  また「1年後の土地取引状況の予想」については、東京は同12.9ポイント減プラス20.5ポイント、大阪は14.8ポイント減のプラス6.5ポイント、その他の地域は同6.8ポイント減のマイナス10.8ポイント。いずれも「現在の状況」と同様、すべての地域で数値が低下している。

■民間都市再生事業、全国で3件認定 国交省  国土交通省は3月下旬、東京都港区、大阪府大阪市、広島県広島市でそれぞれ申請のあった民間都市再生事業計画を認定した。  港区の事業は、森ビルの申請した「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業」で3月22日に認定された。地下鉄日比谷線新駅と一体的に行う再開発で、オフィスや商業施設、宿泊施設などを整備する。建物は地上49階・地下4階建ての複合ビルをはじめ計3棟を建設。10月1日に着工し、23年2月28日に竣工する予定。  大阪市では、TUGBOAT TAISHOの申請した「大正リバービレッジプロジェクト」を3月26日に認定。同市の尻無川河川敷地に、飲食店やオフィス、水上ホテル、船着き場などを整備することで、水辺の周辺地域の活性化を図る。また、同省や地方自治体が連携して水辺の新たな活用を目指す「ミズベリング」活動として、初めて民間都市再生事業計画として認定された。建物は地上1~2階建ての計4棟で、19年2月18日着工、20年1月15日竣工予定。  広島市で3月26日に認定されたのは、広島銀行の「広島銀行新本店建替えプロジェクト」。建て替えによりグループ会社機能の集約を進め、「革新性が高いビジネス機会を生み出す都市空間を形成することで、中国地方の中枢都市としての機能強化を図る」(同省)としている。併せて、敷地内に緑地や被爆者慰霊碑なども配置し、隣接する大通りの歩行者空間の拡張も行う。建物は地上19階・地下1階建てのオフィス棟と地上5階建ての駐車場棟の計2棟。なお同プロジェクトは、全国で初めて同事業計画の規定にある「近接特例」を活用した案件となる。19年1月31日竣工、21年1月31日竣工予定。

■関西で売りたい街1位は「寝屋川市」 リビンマッチ調べ  不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズは4月9日、「リビンマッチ不動産売却」に査定依頼があった住所をもとに、関西地方の「売りたい街ランキング」を集計し、発表した。  それによると、1位は昨年2位の「寝屋川市」(京阪本線)だった。大阪市内へのアクセスがよいため、高度経済成長期にベッドタウンとして発展。そのため、古い住宅地が多く、売却を考えている人が多いようだ。2位は「高槻」(JR京都線)。3位は「泉中央」(泉北高速鉄道線)だった。

■三菱地所とサイバーエージェント、ロボットによる接客実験開始  三菱地所とサイバーエージェントは、コミュニケーションロボットを活用した接客対応の実証実験を開始した。第1弾は、「サンシャインシティ」(東京都豊島区東池袋)で4月8日から26日までコミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」を案内所に2体設置。第2弾は、6月7日から「ザ ロイヤルパーク キャンパス 大阪北浜」(大阪市中央区北浜)の朝食会場内にに「RoBoHoN(ロボホン)」と「Pepper(ペッパー)」を設置する。  従業員が行っている接客対応の一部をロボットが代替することによる充実した案内体制の構築、ロボットの対話や振る舞い方などロボットと人間の最も効果的なコミュニケーションの形を検証する。

■「民間まちづくり活動」助成対象の7事業者を決定 国交省  国土交通省は4月5日、民間の担い手が主体となって行う街づくりなどを支援する「民間まちづくり活動促進・普及啓発事業」の実施事業者を決定した。外部有識者による審査委員会での審査を踏まえ、選ばれた民間街づくり活動等の費用の助成を行う事業。  支援の対象は、まちづくり計画・協定に基づく施設整備等を含む「社会実験・実証事業等」と、これから民間まちづくり活動に取り組もうとする者に対する「普及啓発事業」の2種類。補助は「社会実験・実証事業等」が事業費の3分の1(民間事業者等)から2分の1(都市再生推進法人または法定協議会)以内で、「普及啓発事業」は全額。  助成の対象として選ばれた事業者は以下の通り。  【社会実験・実証事業等】PAGE  【普及啓発事業】リノベリング▽日本メインストリートセンター▽日本都市計画家協会▽新川ウォーターフロント共同事業体▽達人塾ねっと▽まちみとラボ

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.