English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2017年6月23日

■5月・首都圏マンション、契約率72%に回復 不動産経済研  不動産経済研究所の調べによると、17年5月に首都圏で発売されたマンションは2603戸(前年同月比13・3%減)で4カ月ぶりに減少した。契約率は72・2%(前年同月比1・3ポイント増、前月比5・9ポイント増)で、好不調の目安とされる70%を上回った。

■「トイレ川柳」募集開始 8月16日まで TOTO  TOTO(福岡県北九州市、喜多村円社長)は6月16日から、第13回「トイレ川柳」の募集を開始した。期限は8月16日まで。  自宅や勤め先、街なかのトイレにまつわる失敗談・面白談など、トイレにまつわるエピソードや思いを川柳形式で募集するコンクール。最優秀賞となる「ネオレスト賞」受賞者には同社の最新式タンクレストイレ「ネオレストAH/RH」または賞金20万円が贈られる。また上位20句の優秀作品は、11月にトイレットペーパー型川柳集としてTOTO出版から発行される予定。  募集要項や応募方法などの詳細はホームページhttp://www.toto.co.jp/senryu/index.htmへ。

■住まいの風水、46%が「気にしている」 スマイスター調べ  シースタイル(東京都中央区)が「住まいの風水」について調査したところ、調査対象全体の46.1%が風水を気にしていることがわかった。調査は、同社が運営する不動産比較査定サイト「スマイスター」を利用した20代以上の全国217人が対象。  実際に、住まいに風水を取り入れた人は全体の23%となり、具体的には「西側に黄色のものを置く(22%)」「盛り塩(20%)」が多かった。また、上げたい運について全体(男女総合)で見ると、1位の「金運(68%)」が2位の「健康運(45%)」を大きく引き離す結果となった。

■マンション標準管理規約の改正に関する意見募集開始 国交省  国土交通省は、住宅宿泊事業法の成立を踏まえたマンション標準管理規約の改正について、パブリックコメント(意見公募)を開始する。6月19日17時30分から7月18日まで。同法に基づき、今後は住宅宿泊事業、いわゆる民泊を可能とする場合と禁止する場合の2つの例を示す予定だ。また、同規約のコメントで、家主居住型のみ可能とする、民泊実施に際して管理組合への届け出を求める、広告掲載も禁止する、など、それぞれの場合の関連留意事項も示す。

■野村不HD 日本郵政による株式取得検討を中止  野村不動産ホールディングスは6月19日、日本郵政による同社株式の取得について検討してきたが、検討を中止すると発表した。同社は企業価値の維持向上の観点から検討を進めていたが、株価の上昇で買い取り価格などの条件面で折り合いがつかなかったことや、日本郵政が計上した大幅損失などから同社関係者が慎重姿勢になったことなどの理由から断念したと見られる。

■小規模不特事業による遊休不動産再生を支援 国交省  国土交通省は改正不動産特定共同事業法の成立に伴い、創設される小規模不動産特定共同事業により遊休不動産の再生に取り組む事業者に対して、専門家派遣の支援を行う。事業の実施に当たってのノウハウを提供し、課題の抽出や整理を図る。同省では支援を望む事業者を募集する。期間は7月12日まで。  詳しい問い合わせ先は、価値総合研究所「小規模不動産特定共同事業による遊休不動産等再生検討支援事業」事務局で、電話は03(5205)7903まで。

■新ホテル5施設を7月28日に一斉開業 森トラストGほか  森トラストグループとマリオット・インターナショナル(米国メリーランド州)が国内各地で開発を進めていたホテル5施設の開業日が、7月28日に決定した。  開業するのは「軽井沢マリオットホテル」(長野県)、「富士マリオットホテル山中湖」(山梨県)、「伊豆マリオットホテル修善寺」(静岡県)、「琵琶湖マリオットホテル」(滋賀県)、「南紀白浜マリオットホテル」(和歌山県)の5施設。このうち、軽井沢は既に部分的にオープンしており、今回新客室棟が完成・開業し全館グランドオープンとなる。  軽井沢を除く4施設では、6月23日から一斉に宿泊予約の受け付けを開始する。また5施設共通のテーマで各エリアの特徴を表現した開業記念宿泊プラン「ジャパタビホリデー」も発売する。

■5月中古マンション売り価格 3カ月ぶりの上昇も目立った動き見られず  東京カンテイが発表した5月の中古マンション価格(70平方メートル換算、売り希望価格)によると、首都圏は前月比でプラス0.3%の3572万円と3カ月ぶりに上昇したものの、年明け以降は概ねプラスマイナス0.5%の小幅なレンジでの変動が続いており、高水準を維持しているものの目立った動きは見られない。  都県別に見ると東京都は同0.4%マイナスの4822万円。東京23区では同マイナス0.1%の5317万円。千葉県(1916万円、同マイナス0.4%)も小幅ながら下落した。神奈川県(2814万円、同プラス1.0%)や埼玉県(2137万円、同プラス1.5%)は共に1%以上のプラスとなった。

■複合商業施設「ソルタス長津田」を6月24日に開業 東急G  東京急行電鉄がコンサルティングを行った複合商業施設「ソルタス長津田」(神奈川県横浜市)が、6月24日に開業する。同施設は運営管理を同社が行うほか、建物管理は東急ファシリティサービス、警備は東急セキュリティ、駐車場管理を東急ライフィアがそれぞれ受託するなど、東急グループが中心となって運営を行っていく。  場所は東急田園都市線の長津田駅から徒歩1分の立地で、鉄骨造の地上5階建て。延べ床面積は約4400平方メートル。物販や飲食、サービスなどの店舗と事務所が入居する。

■LIFULL、楽天と共同で民泊事業に参入  LIFULLと楽天は共同で「楽天LIFULL STAY株式会社」を設立し、国内での民泊事業に参入すると発表した。楽天LIFULL STAYの代表取締役社長は楽天出身の太田宗克氏。  楽天LIFULL STAYは、先頃成立した住宅宿泊事業法にもとづき、住宅宿泊仲介業者として観光庁長官の登録を受けた上で、新たなプラットフォームを構築。提供予定の宿泊仲介サービス「(仮)Vacation Stay」でユーザーと民泊オーナーをマッチングさせる。  業務開始は、住宅宿泊事業法が施行される年明け以降。楽天の9000万人に上る楽天会員とLIFULLの約800万件を掲載するLIFULL HOME'Sとのシナジー効果で、国内ナンバー1の民泊プレーヤーを目指すとしている。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.