English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2015年6月19日

■不動産投資、5割強が「買い時」と回答 野村不アーバン調査
 野村不動産アーバンネットが投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」会員を対象に実施した「不動産投資に関する意識調査」によると、5割強の人が投資物件を「買い時」、同じく5割強が「買い増しを検討したい」と答えた。投資用物件の買い時感については、「買い時」との回答が56.3%。前回調査より2.3ポイント減少したものの、依然として5割強の人が投資物件は買い時である、としている。1年後の不動産価格の予測では、「上がる」が55.6%と前回調査に比べ4.1ポイント増加。「下がる」の9.8%を大きく上回り、半数以上が不動産価格は上がるとしている。理由としては「アベノミクスや日銀金融緩和の継続でインフレ傾向が続く」「海外からの投資が増える」などが挙がった。

■災害時の行動計画策定 「荒川の堤防決壊」想定で 国土交通省
 国土交通省はこのほど、荒川の決壊を想定した災害時の行動計画表「荒川下流タイムライン」試行案を策定した。区をまたがる広域避難や鉄道の運行停止などを盛り込んだ本格的なタイムラインが作成されたのは、全国で初めて。これに伴い、太田昭宏国土交通大臣と地元自治体の区長らが意見交換を行った。タイムラインとは災害発生を前提に、その備えを時間軸に沿って整理し文書化した行動計画表。災害時の救命と早期復旧を目的とする。

■分譲マンション賃料、首都圏5月は2.1%上昇東京カンテイ調べ
 東京カンテイの調査によると、5月の首都圏・分譲マンション賃料は、全体的には弱含んだものの東京都の事例シェアが拡大したことで、前月比2.1%上昇の2656円(1平方メートル当たり、以下同)だった。都県別で見ると、東京都は3104円(前月比0.5%下落)、埼玉県は1605円(同1.9%下落)、千葉県は1498円(同1.6%下落)といずれも下落したが、神奈川県は2050円(同0.6%上昇)と上昇した。

■三鬼商事 都心のビル空室率、再び低下
 三鬼商事はこのほど、都心5区(千代田・中央・港・新宿・渋谷)のオフィスビル市況(5月)をまとめた。空室率は5.17%だった。前月比0.17ポイント減で、再び低下に転じた。一部で大型成約の動きがみられた。解約や新規供給の影響が少なかったこともあり、空室面積はこの1カ月間で約1万3000坪減少した。基準階面積100坪以上の主要貸事務所ビル2619棟を対象に調査した。

■国産材の活用推進へ 「次世代林業」国交省に提言 JAPIC
 一般社団法人日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)森林再生事業化委員会はこのほど、「次世代林業システム・2015年度重点政策提言」をまとめ、国土交通省の徳山日出男技監と林野庁の今井敏長官に手渡した。同委員会の構成委員は大手系のハウスメーカーや建材メーカー、ゼネコンといった民間企業38社と、東京大学などの8団体。産業の創出による、国内の林業再生を目標とする。今年度は「林地集約化推進」などをテーマに据え、12項目の具体策を提示。境界の確定していない林地を対象とする「平成のデジタル検地の加速」や、「異種の道ネットワークの推進」なども盛り込んだ。

■マンション供給、5カ月連続減少 首都圏・5月
 不動産経済研究所の調査によると、5月に首都圏で供給された新築分譲マンションは3495戸(前年同月比18.7%減)で、5カ月連続の減少となった。東京都区部の供給が大幅に減少したことによるもの。ただ、7~8月にかけては大型物件の供給も予定されているため、同研究所では「深刻な落ち込み具合ではない」と分析している。なお、平均販売価格は前年同月を6.7%下回る4812万円。比較的価格が割高な都区部での供給減少が要因。

■マンション駐輪場、半数が不満 つなぐネットコミュニケーションズ
 つなぐネットコミュニケーションズ(東京都千代田区)の調べによると、マンション敷地内駐輪場利用者の約半数は現状に不満があることが分かった。同社の運営するウェブサイト「マンション・ラボ」でアンケート調査を実施。有効回答数は2811件。それによると、マンション居住者のうち自転車を所有している割合は76.8%。自転車所有者のうち、マンション敷地内の駐輪場を使用している割合は94.5%。そのうち駐輪場に「やや不満がある」が36%、「とても不満がある」が14.1%。合計50.1%が不満ありという結果になった。主な理由として、「スペースが狭く出し入れしにくい」「2段式のため、出し入れしにくい」などが挙げられている。

■管理業務主任者、試験日は12月6日
 管理業務主任者試験の指定試験機関であるマンション管理業協会は6月17日、2015年度の試験を12月6日に実施すると発表した。受験申し込みは、9月1日から30日まで郵送で受け付ける(当日消印有効)。申し込み案内書の配布は8月3日から行う。試験時間は午後1時から3時まで。受験手数料は8900円。出題の根拠となる法令などは2015年4月1日現在で施行されているもの。合格発表は2016年1月22日。詳細は、同協会のホームページ(http://www.kanrikyo.or.jp/)を参照。

■全戸『億ション』即完 地所レジなど東京・南青山のマンション
 三菱地所レジデンス、三菱倉庫、東京建物の3社で開発中の高額マンション「ザ・パークハウス グラン 南青山」(東京都港区南青山、総戸数101戸)の販売住戸20戸が即日完売した。価格は1億5000万円~7億7000万円(専有面積60~222平方メートル)。20件の販売住戸に対し、193件の登録があった。

■IT重説の社会実験 事業者登録を開始 7月3日まで
 国土交通省は、IT重説の社会実験に参加するための事業者登録の受け付けを同省のログインホームページ(https://itjs.mlit.go.jp/login)で開始した。登録は7月3日午後6時まで。詳細は、土地・建設産業局のホームページ(http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/sosei_const_tk3_000092.html)を参照のこと。


戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.