English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2009年7月31日

■全国の空室率、過去最高の13.1%に上昇 住宅・土地統計調査
 総務省はこのほど、「平成20年住宅・土地統計調査」の結果を発表した。 それによると、平成20年10月1日現在における全国の総住宅数は5,759万戸で、平成15年からの5年間で370万戸増加した。空き家は756万戸で、総住宅数に占める割合は過去最高の13.1%(平成15年は12.2%)に増加した。 都道府県別では、空室率が最も低いのは沖縄県で10.2%。続いて神奈川県が10.5%、埼玉県が10.6%、山形県と愛知県が11.0%となっている。 一方、空室率が最も高いのは山梨県で20.2%。続いて長野県が19.0%、和歌山県が17.9%、高知県が16.5%となった。 同調査は、住宅・土地の保有状況及び世帯の居住状況などの実態を調査し、その現状と推移を全国及び地域別に明らかにすることを目的に、昭和23年以来5年ごとに実施しているもの。

■官民ファンド 9月設立に向けアセットマネージャー決まる
 国土交通省は7月28日、不動産市場安定化ファンドの設立・運営に関する検討委員会の3回目の会合を開き、同ファンドのアセットマネージャーに野村ホールディングスと日本政策投資銀行の共同出資会社であるDBJ野村インベストメントを選定した。ファンドの金銭信託を行う業者に住友信託銀行、私募取扱者に野村證券が選定された。 同ファンドは、政府の「経済危機対策」の一環として、投資法人債の償還ができずにJリートが破綻する懸念に対応するため、官民で設立が進められているもの。償還の本格化に備え9月上旬の設立を目指し急ピッチで作業を行っている。

■首都圏不動産流通市場、成約価格は下落で、成約件数は増加に 東日本レインズ
 財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)はこのほど、09年4月から6月の「首都圏不動産流通市場の動向」を発表した。 それによると、首都圏における09年4月から6月の中古マンションの成約数は8,049件(前年同期比8.1%増加)で、2期連続の増加となった。成約物件価格は、2,478万円(同6.7%下落)となった。同社は「1,000万円以上2,000万円未満の比率が拡大する傾向にある」としている。 中古戸建住宅の成約件数は、2,796件(同10.4%増加)で、2期連続の増加となった。成約物件価格は2,994万円(同8.6%下落)で、6期連続の下落となった。 新築戸建住宅の成約件数は、1,029件(同8.2%増加)で、2期連続の増加となった。成約物件価格は、3,597万円(同8.7%下落)。同社は、「2,000万円以上3,000万円未満の比率が拡大し、5,000万円以上7,000万円未満の比率が縮小している」としている。 土地(100平方メートルから200平方メートル)の成約件数は、1,306件(同29.1%増加)で、6期連続の増加となった。

■首都圏「お買い得駅」1位は「外苑前」駅に 東京カンテイ
 東京カンテイは7月30日、首都圏における「お買い得駅ランキング」を発表した。 首都圏で99年から08年の過去10年間マンションを所有後、売却することにより得られる売却益と、10年間の運用益(最大値)の合計を試算したもの。 それによると、「お買い得駅」1位は、東京地下鉄銀座線「外苑前」駅となった。売却益が3,678万円、運用益が4,934万円で合計が8,612万円となった。2位以降は、都営地下鉄大江戸線「汐留」駅、東京地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅、東京地下鉄千代田線「明治神宮前」駅、東京地下鉄銀座線「表参道」駅となった。

■首都圏新築マンション収益力、価格調整で改善 東京カンテイ
 東京カンテイは7月30日、三大都市圏の「2009年新築マンションPER」の結果を発表した。「新築マンションPER」は、分譲マンションの価格が賃料の何年分で回収できるかを求めた数値。低ければ収益性が高く、高ければ収益性が低いことになる。 それによると、09年の新築マンションPERは首都圏平均で25.40となり、08年の26.39から0.99ポイント低下。収益率は改善した。 同社は「新築マンション分譲価格の調整が進んだことで収益性が回復基調を示している。しかし、06年の22.88よりも2.52ポイント高いので、今後も緩やかな価格調整局面が続くのでは」と分析している。 また、近畿圏の新築マンションPERは26.37で08年から0.31ポイント上昇、中部圏は23.33で08年から0.93ポイント上昇となった。

■首都圏中古マンション価格、下落基調続く 東京カンテイ
 東京カンテイはこのほど、6月の三大都市圏中古マンション(70平方メートル)価格の調査結果を発表した。価格データは、同社のデータベースに登録された中古マンションの「売り希望価格」を行政区単位に集計・算出し、70平方メートルに換算して表記したもの。 それによると、首都圏の中古マンション価格は、2,705万円(前月比1.6%下落)で、5カ月連続の下落となった。地域別では、東京都・埼玉県・千葉県が下落するなか、神奈川県では2,369万円(同横ばい)で、12カ月連続の下落がストップした。 近畿圏の中古マンション価格は、1,776万円(同0.2%下落)。 中部圏の中古マンション価格は、1,484万円(同0.2%上昇)で、上昇に転じた。

■首都圏新築戸建の平均成約価格、過去最低で初の2ケタ下落 アットホーム
 アットホームは7月30日、同社の不動産情報ネットワークにおける6月の首都圏売物件市場動向を発表した。 それによると、首都圏新築戸建の平均成約価格は、過去最低の3,291万円(前年同月比12.3%下落)となり、10カ月連続の下落となった。前年同月比で2ケタの下落は調査開始以来初となる。 また、首都圏新築戸建の成約数は同5.2%増加の1,962件で、先月4カ月ぶりに減少してから再び増加に転じた。地域別では、埼玉県が前年同月比25.9%増加の564件、神奈川県が同13.5%増加の590件と増加したが、東京都下は同11.1%減少の360件、千葉県が同11.1%減少の209件と減少し、エリアによる違いが顕著になる結果となった。

■首都圏居住用賃貸物件成約数、再び減少に アットホーム
 アットホームはこのほど、同社の不動産情報ネットワークにおける6月の首都圏賃貸物件市場動向を発表した。 それによると、6月の首都圏居住用賃貸物件成約数は1万6,283件(前年同月比0.9%減少)で、3カ月連続の増加から再び減少に転じた。地域別では、埼玉県が1,554件(同13.8%増加)、千葉県が1,346件(同10.1%増加)と2ケタの増加となったが、神奈川県が4,819件(同4.5%減少)、東京23区が7,329件(同3.8%減少)となり、全体で減少となった。 1戸当たりの成約賃料の首都圏平均は、賃貸マンションが10.11万円(同0.1%下落)で4カ月連続の下落、賃貸アパートは6.44万円(同0.3%下落)で2カ月連続の下落となった。全体では8.89万円(同0.7%下落)。

■東京と大阪に「建設業取引適正化センター」を開設
 国土交通省はこのほど、東京と大阪に「建設業取引適正化センター」7月29日に開設すると発表した。設置主体は、財団法人建設業適正取引推進機構。 建設工事の請負契約に関するトラブル・苦情・相談など、様々な悩みごとについて、弁護士や公認会計士、土木・建築の専門家など相談指導員が面接相談に応じる。受付時間は、土日、祝日を除く午前10時から12時、午後1時から午後4時。相談料は無料。 「センター東京」は、港区赤坂3-21-20 赤坂ロングビーチビル3階で、電話番号は03(6229)1488。「センター大阪」は、大阪市中央区上町A-12 上町セイワビル3階で、電話番号は06(6767)3939。 なお、調停や仲裁を行う場所ではないため、調停や仲裁を希望する場合は、中央建設工事紛争審査会、都道府県建設工事紛争審査会などを紹介している。

■マンション価格、再び上昇? 「高い」実感が増加 アトラクターズ・ラボ
 不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ(本社・東京都千代田区)の調査によると、現在のマンション価格が「高い」と感じる層が前回調査(09年4月)よりも増加し、また希望価格よりも増額して購入・契約した層も増えていることが分かった。 定期的に実施している「マンション購入に対する意識調査」によるもの。同社のインターネットサイト「住まいサーフィン」の会員を対象とし、直近3カ月間に新築マンションの販売センターを訪れた経験のあるユーザーにアンケートを実施した。期間は7月3日から8日。有効回答数は173件。 それによると、マンション価格が「高い」と答えた割合は42.1%で、前回と比べて6ポイント上昇した。最も高い割合だった第3回調査(08年10月)の62.2%との比較では低い水準だが、2回続けての減少から再び上昇へと転じた。 また、実際の購入・契約価格が「希望価格より増額した」という割合は63.3%。前回比9.1ポイントの上昇となった。 この結果を受けてアトラクターズ・ラボでは、「09年前半(1月から3月期)は値引き販売などで価格調整が進んでいたが、その後は売り出し価格を戻して価格が上がっている。消費者が価格上昇を敏感に感じ取っているものと考えられる」としている。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.