English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2009年1月9日

■住宅ローン貸出増、銀行が取り組みを強化 住宅金融支援機構調べ
 住宅金融支援機構はこのほど、08年度7月から9月期の業態別住宅ローン新規貸出額と貸出残高をまとめ、発表した。 それによると、期中の新規貸出額は全体で4兆5,783億円。4月から6月期に続き、前年同期比で増加している。 業態別では国内銀行が3兆6,490億円で同1.3%増、信用金庫が4,750億円で同8.1%増、労働金庫が4,543億円で同45.1%増だった。住宅ローンの貸出が増えている背景には、思い切った優遇金利の適用など住宅ローンへの取り組み強化があると支援機構は分析している。 一方、08年9月末の貸出残高は前年同期比で各業態1%から3%程度増加した。

■約7割が「もう少し待てば買い時が来る」と回答 ファーストロジック
 マンション・一戸建ての逆オークションサイト「住宅の楽待」の運営会社であるファーストロジック(本社・東京都港区)はこのほど、住宅購入に強い興味を持つ人を対象にした「不動産市況」に関するアンケート結果を発表した。 それによると、「住宅の買い時」については、「もう少し待てば買い時が来ると思う」が67%に対し、「今は買い時だと思う」が27%となり、不動産市況の悪化による住宅価格の値下がりがさらに進むと考えている人が多いことが分かった。 住宅購入希望価格については、2,000万円未満が20%、2,000万円台が27%、3,000万円台が30%、4,000万円台が12%、5,000万円以上が11%となり、3,000万円未満が47%となった。 同調査は、住宅購入希望者が、あらかじめ欲しい物件の条件を登録しておけば、その条件に合致した物件情報が不動産会社から通知される「住宅の楽待」において、住宅購入に強い興味を持つ466人に対して行ったもの。

■耐震・省エネ改修モデル事業を募集 国交省
 国土交通省は「既存住宅・建築物省エネ改修緊急促進事業」と「住宅・建築物耐震改修事業」のモデル提案を募集している。 いずれも、08年12月に閣議決定した08年度2次補正予算によるもの。省エネ改修・耐震改修を促進し、関連投資の活性化を緊急に図ることが目的だ。 募集要項は08年度中に着手(設計を含む)するものであるほか、一定の省エネ効果や耐震改修についてモデル性を有するものなどとしている。 補助内容は改修に係る設計・建設工事費用の2分の1以内の額となっている。 募集締め切りについて、「省エネ改修事業」は、09年1月29日まで。「耐震改修事業」は、地方公共団体が実施する場合、09年1月16日まで、民間などの実施によるものは09年1月23日まで。

■1月の「フラット35」、最低金利は横ばいで2.88% 住宅金融支援機構
 独立行政法人住宅金融支援機構はこのほど、1月の「フラット35」適用金利を発表した。 それによると、返済期間が21年以上の場合の金利幅は、先月から横ばいで2.880%から3.830%となった。 返済期間が20年以下の場合の金利幅も先月から横ばいで2.640%から3.590%となった。

■「超長期住宅先導的モデル事業のシンポジウム」開催 建築研究所
 独立行政法人建築研究所はこのほど、東京と大阪で「超長期住宅先導的モデル事業のシンポジウム」(参加費無料)を開催すると発表した。 「超長期住宅先導的モデル事業(平成20年度第1回及び第2回)」への応募提案に対する評価を中心に、住宅の長寿命化にかかる最新動向を紹介するもの。 東京会場は1月28日、午後1時から午後4時30分に東京都文京区のすまい・るホールで開催。定員は280人。申し込み開始は1月6日から。 大阪会場は2月4日、午後1時から午後4時30分に大阪市城東区のクレオ・大阪東で開催。定員は360人。申し込み開始は1月13日から。 申し込みは、同研究所ホームページからとなる。(http://www.kenken.go.jp/chouki/index.html

■東芝不を子会社化 野村不動産HD
 野村不動産ホールディングスは12月25日、東芝不動産の発行済み株式の65%を取得し、子会社化したと発表した。 東芝不動産は1932(昭和7)年創業。現在の従業員数は122人。子会社化により、ホールディングスの今期連結業績は売上高が約200億円、営業利益が約20億円増加する見通し。なお、東芝不動産は商号をNREG東芝不動産と変更した。

■リハウスホームページに「フリーワード検索」機能追加 三井不動産販売
 三井不動産販売は1月7日、既存住宅流通事業「三井のリハウス」のホームページに「フリーワード物件情報検索」機能を追加した。(http://www.rehouse.co.jp/) 従来は、希望するエリアや沿線・駅など、予め決められた項目を選択または入力するものだったが、自由に検索条件を組み合わせて入力することができるようになり、希望条件に近い物件を選択できるようになった。 現在、同社でのホームページをきっかけとした成約件数は、全体成約件数の約4割を超えており、今後も機会が増えると想定されるため、機能を追加したとしている。

■1月10日から全国一斉リハウスデー開催 三井不販
 三井不動産販売は1月10日から25日までの16日間、全国の三井のリハウス店舗で仲介フェア「全国一斉リハウスデー」を開く。 今回は、来店した人に車の室内の小物整理に便利な「どこでも取付バック」をプレゼントする(無くなり次第終了)。 期間中は同社が展開している「建物・設備相談」や「生活救急車」などのサービスを紹介する。

■マイホームフェア開催 住友不動産販売
 住友不動産販売(東京都新宿区)は1月10日から2月1日まで、全国の直営店舗で「決めるぞ!マイホームフェア」を開催する。 売却の専属専任媒介契約を締結した人に、「魚沼産コシヒカリ10キロ」を贈呈。 また、専属専任及び専任媒介契約を締結した人を対象に、中古木造戸建ての建物調査を無料で行う(首都圏、関西圏)。 1月25日と2月1日には、同社顧問税理士による無料税務相談会をハウジングセンター(東京都新宿区西新宿2の4の1新宿NSビル2階)で開く。

■マンション購入資金、総額5億円を贈呈 ジョイントグループ
 ジョイント・コーポレーションは、グループ会社で分譲するマンション「アデニウムシリーズ」を対象に、総額5億円の購入資金(割引券)をプレゼントするキャンペーンを実施中だ。 対象となる物件は「アデニウム船橋」など14物件。1等の1,000万円券(2本)から4等の200万円券(140本)まで合計202本。1月14日に抽選を行う。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.