English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2008年4月11日

■流通戸数は初の50万戸超、市場は98年の1.5倍に FRK
 不動産流通経営協会(FRK)はこのほど、「FRK既存住宅流通 指標及び市場で流通しうる住宅ストック量の推計」と題した調査報告書をまとめた。同指標は個人・法人が取得した既存住宅の売買の所有権移転登記個数を基に推計した既存住宅流通 量と新築住宅着工総数の合計に占める割合で、FRKの「既存住宅の流通促進に関する研究会」(座長・浅見泰司東京大学教授)が独自に構築したもの。  それによると、流通戸数は05年が49.7万戸、06年が52万戸となり、初めて50万戸を超えた。  また、流通指標は共に28.7%で横ばいだった。但し、調査対象の98年以降、流通 戸数は一貫して右肩上がりが続いており、34.4万戸だった98年の約1.5倍に流通 市場が拡大したことになる。  同時に、「市場で流通しうる住宅ストック量 の推計」では、誘導居住水準を満たす広さ、新耐震基準以降といった一定の基準をクリアする既存住宅ストックが約2,234万戸に上ることも分かった。居住世帯がある専用住宅戸数に占める割合はほぼ半分の49%。

■07年のペット飼育可能マンション普及率は86.2% 不動産経済研究所
 不動産経済研究所はこのほど、首都圏におけるペット飼育可能なマンションに関する調査結果 を発表した。  それによると、07年に首都圏で発売されたペット飼育可能マンションは5万2,578戸で、全供給戸数に対する普及率は86.2%となった。  同社では98年から調査を実施。ペット飼育可能なマンションは、98年には709戸が販売され1%程度の普及率だった。その後は加速度的に増え続け、02年30%台、03年40%台、04年50%台、06年70%台と増加している。

■「高級物件」特化の仲介事業開始 アーバンコーポ
 アーバンコーポレイションはこのほど、高級不動産に特化した仲介事業を手掛ける「日本サザビーズ インターナショナル リアルティ(以下、日本サザビーズ)」を東京・麹町でオープンした。  世界33カ国・484カ所の拠点網を有する「サザビーズ インターナショナル リアルティ(以下、サザビーズ)」の日本における独占的なフランチャイジーとして展開。「国内外の富裕層をターゲットに、2年後をメドとして年間取扱高100億円から150億円を目指したい」と中村真詩社長は語る。  高級不動産の取り扱いに特化しているサザビーズは、今回のようなフランチャイズ形式により世界33カ国で事業展開。ネットワークに所属する営業職員は9,000人以上で、常時2万件の物件を紹介できる体制を整えている。07年は、1年間で累計1万件以上の取引があったという。  日本サザビーズではこのネットワークを活用し、国内の富裕層に海外の高級不動産を紹介していくほか、海外富裕層の紹介も受けて国内不動産の仲介も手掛けていく。  国内における高級不動産の確保は、大手不動産会社との提携で実現していく。既に東急リバブル、東急リゾートと提携が成立しており、また、各地域の有力不動産会社との連携も強めることで、良質物件の更なる確保を図る。アーバンコーポレイション本体でも、高級不動産の開発に踏み切っていく方針だ。  顧客層の開拓は、大手税理士ネットワークとの提携のほか、プライベートバンク、金融機関、大手百貨店、ロータリークラブなどとの協力関係により実現していく。  日本サザビーズによると、個人金融資産が1億円以上の層は、日本で147万人、世界だと950万人。30億円以上の層も9万5,000人いるという。更にその人口も、数年間は7%から8%の割合で増加していく模様で、「世界中の物件を常時紹介できる、高級不動産に特化したビジネスモデルで差別 化を図りたい」と中村社長は語る。  日本サザビーズの代表取締役会長に就任した房園博行・アーバンコーポレイション社長は、「国と国をつなぐ仲介会社として、グローバルな視点で展開していく」と抱負を述べた。

■日本市場に継続投資、安定した経済発展見込む ラサールIM
 世界有数の不動産投資顧問会社であるラサールインベストメントマネージメント(ラサールIM・本社=米国シカゴ)はこのほど、1月から3月までの市況変化を踏まえたうえで、日本の不動産に引き続き積極的に投資するとの投資戦略を発表。07年12月発表の不動産投資戦略に基本的な変更がないことを確認した。  同社でアジア太平洋投資戦略を統括するデイビット・エドワーズ氏は、「アメリカ経済の減速に伴う世界経済への不安、不動産市場への投資資金の流入不安など様々な不確定要素が顕在化しているが、日本経済は安定したファンダメンタルズが見込める」との認識を示している。その理由として、アメリカ経済の減速による需要減退を補う日本への需要が中国などのアジアから見込まれること、改正建築基準法による住宅投資の一時的低迷も08年には回復してくることを挙げている。ただ、不動産の賃料の伸びは転換点を迎え、今後1、2年は減速するだろうと予想している。  同社は、日本の不動産投資市場では国内外の投資家の投資意欲は引き続き堅調に推移していると見ている。

■竣工40周年記念イベント開催 霞が関ビルディング
 霞が関ビルディング(東京都千代田区霞が関3-2-5)は、4月12日で竣工40周年を迎えるにあたり、記念イベントを開催する。  4月11日、午後7時から「けやき広場」で、「半田健人トークショー&コンサート」を開催。超高層ビルマニアの半田健人氏と霞が関オフィス歴代所長3人が霞が関ビルの魅力やエピソードについて語りつくす。  4月14日から5月末まで、「霞テラス」で現テナント90人の等身大・満面 笑顔の写真を仮囲いに掲示し、誰の笑顔がベストかを競うコンテストを実施する。  また、4月14日から6月末まで「霞が関ロビー」で、「霞が関ビル40周年歴史展示」を行う。竣工当時から現在までの歩みを振り返る年表ゾーンなどを展示する。

■首都圏新築戸建成約数、4年ぶりに増加 アットホーム
 アットホームはこのほど、同社の不動産情報ネットワークにおける平成19年下半期(7月から12月)の首都圏新築戸建市場動向を発表した。  それによると、成約数は10,755件(前年同期比10.7%増加)で、4年ぶりに増加となった。地域別 では、東京23区が1,375件(同7.1%減少)、横浜・川崎市が1,355件(同0.4%減少)となった以外は増加し、特に東京都下が2,209件(同20.3%増加)、埼玉 県が2,966件(同17.8%増加)が大きく増加した。  平均成約価格は、3,710万円(同2.3%上昇)で、4期連続で上昇。5,000万円以上の物件が前年同期比31.7%と大幅に増加した。

■東京、横浜などで仲介4店舗を新設 住友不動産販売
 住友不動産販売はこのほど、「菊名営業センター」(神奈川県横浜市港北区菊名)、「辻堂営業センター」(神奈川県藤沢市辻堂)、「門前仲町営業センター」(東京都江東区門前仲町)、「瑞穂営業センター」(愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通 )の4店舗を新設した。  これにより、同社の直営仲介店舗数は全国238店舗(首都圏137、関西圏70、地方圏31)となった。

■恵比寿・御茶ノ水に新店舗開設 野村不動産アーバンネット
 野村不動産アーバンネットはこのほど、新店舗として「恵比寿センター」と「御茶ノ水センター」を開設すると発表した。  「恵比寿センター」の開設は4月11日。住所は、東京都渋谷区恵比寿西1-7-7EBSビル2階。電話番号は03(5784)9031。  「御茶ノ水センター」の開設は4月24日。住所は、東京都千代田区神田駿河台2-1ヒルクレスト御茶ノ水2階。電話番号は03(5217)1571。  今回の店舗開設により、同社の流通店舗は首都圏31店舗、関西圏1店舗で合計32店舗となった。

■全国主要都市の平均空室率8.7%で、前期比0.2ポイント上昇 生駒データサービスシステム
 生駒データサービスシステムはこのほど、四半期ごとにまとめている「全国主要都市マーケット動向」を発表した。  それによると、3月期の全国14都市15エリアの平均空室率は8.7%(対前期比0.2ポイント上昇)となった。空室率は5都市(札幌・神戸・広島・高松・鹿児島)で低下したが、「横浜」1.5ポイント、「金沢」1.1ポイントと大きく増加している。  全国14都市15エリアの平均募集賃料は、坪当たり9,940円(同1.4%上昇)。10エリアで上昇し、特に京都では前期比10.3%と大きく上昇した。  全国主要都市は、東京主要5区、東京23区、名古屋、大阪、札幌、仙台、横浜、金沢、京都、神戸、広島、岡山、高松、福岡、鹿児島の14都市15エリア。

■定期借家が徐々に浸透、前年比14%の増加 アットホーム調べ
 アットホームの調査によると、07年1年間の定期借家物件数が前年と比べ14.0%増の24,551件となったことがわかった。調査対象は同社ネットワークに登録された首都圏居住用賃貸物件。  アパート、一戸建ては減少したものの、マンションが35.2%増の15,117件だった。登録物件に占める定期借家物件の割合は4.2%で前年比0.9ポイント増加した。「一戸建て」では全体の23.9%が定期借家物件だった。  エリア別に見ると、定期借家物件は東京23区(全体の45%)と神奈川県(同37.4%)に集中している。種目別 ではマンションが圧倒的に多く、全体の約6割を占めた。  また、平均賃料と面 積の比較では、定期借家は普通借家と比べ、「賃料は高く面積も広い」結果 となった。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.