English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2007年2月16日

■1月の首都圏マンション発売戸数は2,868戸 不動産経済研
 不動産経済研究所は2月15日、1月の首都圏マンション市場動向を発表した。  それによると、1月の新規発売戸数は2,868戸(前年同月比11.6%減少・前月比72.0%減少)となった。  新規発売戸数に対する契約戸数は2,124戸で、月間契約率は74.1%(同3.7ポイントダウン・同0.7ポイントアップ)となった。  1戸当たりの平均価格は3,866万円(同7.1%アップ・同3.9%ダウン)で、平米単価は52.0万円(同3.2%アップ・同0.6%ダウン)となった。


■近畿圏マンション発売戸数は7カ月連続減少 不動産経済研
 不動産経済研究所は2月15日、1月の近畿圏マンション市場動向を発表した。  それによると、1月の新規発売戸数は、1,033戸(前年同月比23.7%減少・前月比67.6%減少)となった。前年同月比では、7カ月連続の減少となっている。  新規発売戸数に対する契約戸数は626戸で、月間契約率は60.6%(同2.3ポイントダウン・同6.4ポイントダウン)。  1戸当たりの平均価格は3,165万円(同0.4%ダウン・同12.0%ダウン)で、平米単価は44.3万円(同1.4%アップ・同8.3%ダウン)となった。

■「熟年夫婦」の約4割が共有時間増加に「憂鬱」と回答 ダイキン工業
 ダイキン工業(大阪市)が首都圏と関西圏の団塊世代の「熟年夫婦」と団塊ジュニア世代の「新米夫婦」を対象に、「空気の感じ方」をテーマとした調査を行ったところ、夫婦の共有時間が増加することについて「熟年夫婦」の38.5%が「憂鬱」と回答した。同調査はウェブを通 じて行われ、対象は54歳から64歳で結婚歴20年以上の男女200人と26歳から33歳で結婚歴3年未満の男女200人。  夫婦だけで過ごす時間については、「熟年」は「増えている」が59%で、「新米」は「減っている」が36.5%となった。  エアコンの温度調節の決定権は、「新米」「熟年」ともに「妻」が過半数を占め、温度調節でもめたことは「ほとんどない」がいずれも多く占めた(「新米」が71.5%、「熟年」が64.5%)。もめた場合の対処法は「妥協する」が最も多かった。

■売買仲介FC開始 アパマンショップ
 賃貸斡旋のFC業務を展開するアパマンショップホールディングスは、4月から売買斡旋FC業務に乗り出す。同社によると、06年9月末時点で加盟契約店舗数は904店で、日本一の店舗数とのこと。  今回の売買斡旋FC業務は、加盟店に対し次のサービスを提供する。(1)各種会議運営と研修提供(2)オペレーションシステムの提供(3)インターネット、モバイルサイトの運営(4)成功事例交流会、情報交換会などの運営、情報メールサービス(5)ファンド提携、機関投資家・開発者紹介。  加盟店には売買斡旋業務を行っている会社が多く、FC業務を望む声が多かったという。

■住宅用太陽光発電市場は2010年に1,521億円に 富士経済
 富士経済は2月13日、住宅設備・建材市場を調査した「2007年版 住設建材マーケティング便覧」をまとめた。  それによると、住宅設備市場では「オール電化」「省・創エネ(自然から作り出すエネルギー)」、建材市場では「セキュリティ」「高意匠性」をポイントとした商品の市場が拡大するとしている。特に注目の設備は、住宅用太陽光発電システムで、06年見通 しが1,002億円に対し、10年は1,521億円(対06年比152%)と予測している。  住宅設備建材全体市場の06年見通しは5兆4,692億円で、2010年は5兆9,260億円(同108%)になるとしている。

■総和地所がジャスダックに上場、初日は49.7万円で終了
 総和地所(東京都渋谷区、辻秀樹社長)は2月9日、ジャスダック市場に上場した。  初値は、36万円の公開価格を69%上回る61万円。その後65万3,000円まで伸ばし、初日は49万7,000円で終了した。

■6,000棟記念プロジェクト「ザ・ライオンズ上野の森」を3月に発売開始 大京
 大京は3月中旬から、同社6,000棟記念プロジェクトとなる「ザ・ライオンズ上野の森」の販売を開始する。  東京メトロ千代田線根津駅徒歩2分、上野恩賜公園や不忍池など上野の森が眼下に望む立地。上野界隈の街並みに調和するよう、メインエントランスの手前に庭園空間、敷地の奥には和風庭園を設けている。東京都総合設計制度の活用により、公開空地の確保と、高層化を実現している。  敷地面積は約5,433平方メートルで、総戸数は212戸。  3月中旬から開始する第1期販売戸数は50戸で、専有面 積は約70平方メートルから約156平方メートル。予定最多価格帯は8,000万円台となっている。

■北九州・黒崎で大型商業施設を開発 野村不
 野村不動産は2月14日、北九州市八幡西区で、大型商業店舗を核として娯楽施設や専門店で構成する大型商業施設の開発を行うと発表した。  土地・建物は三菱化学から取得した。JR鹿児島本線「黒崎」駅から徒歩15分、駅から南へ約1キロメートルに立地し、敷地面 積は約55,335平方メートル。  北九州プリンスホテル(2月26日からホテルクラウンパレス北九州として営業予定)との連携を図るとともに、江戸時代の街道の面 影が残る旧長崎街道に沿った「曲里の松並木」の景観に配慮した建築計画にすることで、北九州市の副都心として位 置づけられる黒崎地区にふさわしい新しい空間の提供を目指すとしている。

■戸建てタイプの貸家を発売 ミサワホーム
 ミサワホームは3月1日から、戸建てタイプの賃貸住宅「Bell Lead Cassiya(ベル・リード・カシーヤ)」を北海道と沖縄を除く全国で発売する。  立地条件や敷地形状から共同住宅の経営が難しかった土地の有効活用を可能とし、自宅以外に土地を保有するサラリーマン地主へ提案していく。  05年度の住宅着工戸数の貸家は前年度比10.8%増と大きく伸びている上、望ましい住宅形態として戸建て志向が84.4%(05年土地問題に関する国民の意識調査・国交省)と高く、同社では戸建て貸家市場は有望なマーケットと推測している。  住戸タイプは2階建てと平屋の2つがあり、プランは自由設計を基本に推奨8プランある。間取りは70平方メートル前後のファミリータイプが中心で、シンプルモダンな外観と合理的な間取りでコストを抑えた。販売価格は3.3平方メートル当たり35.8万円から(税込み)。年間100棟の販売を目指している。

■住宅購入者対象の会員組織を立ち上げ 東京建物
 東京建物はこのほど、同社が分譲したマンションや戸建てを購入し、入居している顧客専用の会員組織を立ち上げた。  名称は「Brilliaオーナーズクラブ」で、契約後も顧客との良好な関係を維持していくのが狙い。専用のウェブサイトの開設、定期的なメルマガ、DMの発信、会報誌の発行などを行う。事務局は「ブリリアオーナーズクラブ」運営室(東京都中央区八重洲1-9-9)に設置する。    

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.