English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2005年3月18日

首都圏・中部圏の中古マンション価格が弱含み 東京カンテイ調べ
(2005・03・17)
 東京カンテイは3月17日、2月の「3大都市圏・中古マンション70平米価格月別推移」を発表した。それによると、首都圏と中部圏の中古マンション価格は2カ月連続で下落し、やや弱含みの状況となった。
 首都圏・中古マンション価格は2519万円(前月比0.9%下落)で、2カ月連続で下落した。都県別では、東京都3158万円(同0.6%下落)、神奈川県2228万円(同横ばい)、埼玉県1729万円(同1.3%下落)、千葉県1742万円(同3.0%上昇)だった。千葉は上昇したものの、東京と神奈川、埼玉は小幅な下落となり、全般的には下落傾向にある。
 近畿圏は同0.2%下落の1603万円で、安定した価格動向が続いている。地域別では、大阪府1662万円(同0.2%上昇)、兵庫県1572万円(同0.2%下落)だった。
 中部圏は2カ月連続下落の1360万円(同1.4%下落)で、やや弱含みの状況となった。地域別では、愛知県が同1.3%下落の1374万円だった。

首都圏賃貸物件成約数が3カ月連続減少 アットホーム調べ
(2005・03・17)
 不動産情報サービスのアットホームは3月17日、2月の首都圏賃貸物件市場動向を発表した。それによると、物件成約数は東京23区でわずかながら増加したもの、その他のエリアは減少し、首都圏全体では3カ月連続の減少だった。
 成約件数は1万7115件(前年同月比4.6%減)だった。エリア別では、東京23区7324件(同0.1%増)、東京都下1653件(同20.1%減)、神奈川県5433件(同2.1%減)、埼玉県1586件(同9.6%減)、千葉県1119件(同10.6%減)だった。東京23区は新築マンションの成約が前年同月比48.9%増と大幅な伸びをみせ、微増ながら2カ月連続の増加となった。
 成約賃料は1戸当たり価格はマンションが9.50万円(前年同月比1.9%上昇)、アパートが同0.9%下落の6.47万円だった。1平米当たり単価はマンション2630円(同4.0%上昇)、アパート2150円(同2.7%下落)。

2月の首都圏・建売住宅、発売戸数・契約率がともに縮小 不動産経済研調べ
(2005・03・17)
 不動産経済研究所は3月15日、2月の首都圏・建売住宅市場動向を発表した。それによると、新規発売戸数は前年同月比で減少し、月間契約率も縮小した。
 新規発売戸数は711戸(前年同月比5.7%減)だった。新規発売戸数に対する契約戸数は439戸で、月間契約率は61.7%(同16.0ポイントダウン)だった。1戸当たり価格は同3.3%下落の4545.0万円。2月末時点の繰越販売在庫は1月末比19戸減の658戸となった。
 地域別では、発売戸数は東京都202戸(月間契約率71.8%)、神奈川県220戸(同73.2%)、埼玉県129戸(同34.9%)、千葉県160戸(同55.0%)だった。茨城県での発売はなかった。また、1戸当たり価格は東京5441.3万円、神奈川4901.1万円、埼玉3310.1万円、千葉3919.4万円。

東京・有楽町に自然情報提供施設をオープン 三菱地所
(2005・03・16)
 三菱地所は3月24日、東京・丸の内に自然情報を提供する施設「Nature Information Plaza 丸の内さえずり館」をオープンする。
 「Nature Infomation Plaza」は野鳥に関する情報を発信する「丸の内さえずり館」をリニューアルオープンするもので、野鳥情報の発信に加え、環境ライブラリーやアートギャラリーなどで環境に関する情報などを提供する。
 同施設は持続可能な社会のための「共生」をテーマにした機能を備え、環境意識の啓発やNPO・NGOへの支援事業なども行っていく。
 開館は午前11時から午後7時。所在は東京・有楽町の新有楽町ビル1階。

近畿圏マンション価格、9カ月連続で下落 不動産経済研調べ
(2005・03・16)
 不動産経済研究所は3月15日、2月の近畿圏マンション市場動向を発表した。それによると、マンション平均価格は前年同月比2.8%ダウンし、9カ月連続の下落となった。
 新築発売戸数は3361戸(前年同月比18.6%減)だった。新規発売戸数に対する契約戸数は2467戸で、月間契約率は73.4%(同5.1ポイントダウン)だった。1戸当たり価格は前年同月比9カ月連続下落の3141万円(同2.8%下落)だった。1平米当たり単価は同0.2%下落の41.6万円で、同4カ月連続下落。2月末時点の販売在庫は4136戸(1月末比97戸増)だった。
 地域別に見ると、発売戸数は大阪市部1096戸、大阪府下764戸、神戸市部878戸、兵庫県下395戸、京都市部61戸、京都府下53戸、奈良県80戸、和歌山県34戸だった。滋賀県での発売はなかった。1戸当たり価格は大阪市部3250万円(1坪当たり単価41.9万円)、大阪府下3075万円(同41.5万円)、神戸市部2812万円(同40.7万円)、兵庫県下3928万円(同45.3万円)、京都市部2751万円(同35.5万円)、京都府下2620万円(同37.4万円)、奈良県2935万円(同37.4万円)、和歌山県2509万円(同33.4万円)だった。

首都圏マンションの月間契約率が80%超 不動産経済研調べ
(2005・03・15)
 不動産経済研究所は3月15日、2月の首都圏マンション市場動向を発表した。それによると、新築マンションの供給量が減少したこともあり、月間契約率が80%を超えた。
 新規発売戸数は7181戸(前年同月比13.0%減)だった。新規発売戸数に対する契約戸数は5786戸で、月間契約率は同0.1ポイントアップし80.6%となった。前月比では12.4ポイントアップと大幅に上昇した。1戸当たり価格は同2.9%下落の4079万円、1平米当たり単価は同4.6%下落の54.1万円だった。2月末時点の繰越販売在庫は1月末比535戸減の6643戸。
 地域別では、発売戸数は東京都区部2505戸、都下775戸、神奈川県2127戸、埼玉県1043戸、千葉県731戸だった。1戸当たり価格は都区部4516万円(1平米当たり単価66.3万円)、都下4611万円(同58.5万円)、神奈川3859万円(同48.3万円)、埼玉3702万円(同47.9万円)、千葉3194万円(同39.2万円)だった。

首都圏の中古マンション、土地、戸建て成約件数が減少 東日本レインズ
(2005・03・14)
 東日本不動産流通機構(=東日本レインズ)は3月10日、首都圏・2月の不動産流通市場動向を発表した。それによると、中古マンションと土地、戸建ての成約件数がともに減少した。
 中古マンション成約件数は2543件(前年同月比7.49%減)で、3カ月連続で減少した。成約価格は2086万円(同2.55%上昇)、1平米当たり単価は32.11万円(同2.98%上昇)だった。
 都県別に見ると、成約件数は東京1063件(同7.65%減)、神奈川722件(同5.12%減)、埼玉367件(同8.25%減)、千葉391件(同10.53%減)だった。
 土地(面積100~200平米)成約件数は292件(同15.61%減)で、8カ月連続の減少。成約価格は2885万円(同0.98%上昇)、1平米当たり価格は20.11万円(同0.89%上昇)だった。
 戸建て住宅の成約件数は1055件(同5.55%減)で、3カ月連続減。成約価格は同0.27%下落の3341万円だった。

融資金利を引き上げ 住宅公庫
(2005・03・11)
 住宅金融公庫は3月11日、公庫融資金利を改定すると発表した。
 基準金利が適用される175平米以下のマイホーム新築及び建売住宅、マンション、分譲住宅、リ・ユース住宅購入とリフォームは、当初10年間の金利を現行金利2.80%から3.00%に引き上げる。11年目以降金利も現行の3.20%から3.30%に引き上げる。
 また、災害復興住宅融資金利は1.60%から1.80%に引き上げる。
 新金利は3月15日以降の申込み分から適用する。

単身世帯が住みたい区は世田谷区、港区 東急不動産調べ
(2005・03・11)
 東急不動産はこのほど、単身世帯などをメインターゲットとした「クオリアシリーズ」の会員を対象に実施した「東京23区・住みたい区」アンケートの調査結果を発表した。調査時期は2004年12月17日から2005年1月17日で、集計数は466件。
 それによると、「住みたい区」第1位は「世田谷区」だった。理由は、都内にありながら公園や緑道など、自然と触れ合えるスポットが多いという「環境の良さ」が目立った。また、東横線や田園都市線など多くの私鉄線が走り、乗り換えも便利で、渋谷・吉祥寺などのおしゃれな人気街へのアクセスが良いことも好評の理由だった。
 第2位は「港区」で、六本木や青山などの都会的なイメージという声が多かった。その一方で、白金台や広尾などの閑静な高級住宅街が点在しており、これらの街から周辺の街へ気軽に出かけられる利便性も好評だった。
 同アンケート結果には、人気上位の区のクオリアシリーズの物件紹介もしている。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.