English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2004年10月1日

8月・住宅着工戸数、3カ月連続10万戸超 国交省
(2004・09・30)
 国土交通省は9月30日、8月の新設住宅着工戸数を発表した。
 それによると、持家、貸家、分譲全て好調で総戸数は10万2070戸(前年同月比10.5%増)となった。3カ月連続で10万戸を超えた。3カ月以上連続で10万戸を超えたのは2001年5~11月の7カ月連続以来。そのときは10万戸を超えたものの、前年同月比ではマイナスだった。今回は2カ月連続で前年同月を上回っている。
 利用関係別で見ると、持家は3万5580戸で、前年同月比では10.5%増、2カ月連続の増加だった。貸家は3万9223戸で、同15.1%増、2カ月連続の増加。分譲は2万6435戸で同3.2%増、4カ月連続の増加だった。
 同省では増加の要因について「今、建築を始めると年内に間に合う。ローン減税の影響ではないか」と話す。
 地域別で見ると、首都圏は総戸数3万5219戸(前年同月比2.1%増)、中部圏は1万1711戸(同21.6%増)、近畿圏は1万5683戸(同13.3%増)だった。

首都圏・中京圏宅地市場の好調続く ミサワMRD調べ
(2004・09・30)
 ミサワMRDは9月30日、9月の不動産流通市場動向調査の結果を発表した。それによると、首都圏と中京圏の宅地市場は購買需要が旺盛で、好調な市況が継続している。
 首都圏の宅地市場は引合件数の「増加」回答が29.6%(前月比1.7ポイントプラス)・「減少」回答が14.6%(同10.9ポイントマイナス)、成約件数の「増加」24.7%(同9.7ポイントアップ)・「減少」11.6%(同4.2ポイントマイナス)とともに、「増加」が増え、「減少」が減るなど宅地市場の活性化がうかがえた。
 中京圏は引合件数の「増加」が同9.2ポイントプラスの39.4%と4割に迫り、成約件数も「増加」18.2%(同10.4ポイントマイナス)・「減少」16.7%(同5.6ポイントプラス)と増加傾向を維持しており、好調な市況が引き続いている。
 近畿圏は引合件数の「増加」が36.7%と同6.3ポイント増えて増加傾向が強まっており、夏枯れを過ぎて市況が活発化してきている。
 福岡圏は引合件数の「増加」が同17.5ポイントマイナスの13.3%、成約件数の「増加」が同5.6ポイントマイナスの20.0%とともに減少したが、増加傾向は保っており、活発な市況を維持している。

実際に不動産会社を訪問したユーザーが大幅な増加 RSCの不動産情報サイト利用者調査
(2004・09・29)
 不動産情報サイト事業者連絡協議会(=RSC)は9月29日、不動産情報サイトの利用実態とその推移を調査した「不動産情報サイト利用者意識アンケート」の結果を発表した。アンケートは一般ユーザーを対象に、3月23日から6月24日に実施した。それによると、インターネットで物件検索後、実際の不動産会社を訪問したユーザーが前年に比べ大幅に増加した。
 ネット検索後、実際に不動産会社に問い合わせをしたユーザーは65.7%を占めた。さらに、問い合わせ後、実際に不動産会社を訪問したユーザーは73.4%(前年比13.7%増)を占め、大幅に増加した。なお、訪問したユーザーのうち、約6割が実際に物件契約に至った。
 また、物件を検索する際に「便利さ」を媒体別に評価した問いでは、「インターネット」は「非常に便利」「やや便利」を合わせ「便利」回答がユーザーの95.3%を占め、他の媒体に比べ、「便利」が突出していた。次いで、「情報誌」(69.5%)、「折込チラシ」(53.1%)の順だった。また、「信頼できる」を媒体別に評価すると、「ネット」が「非常に信頼」「まあ信頼」が合わせて63.0%を占め、前年に比べ信頼度が大きく向上した。

首都圏新築戸建て成約件数が16カ月連続増加 アットホーム調べ
(2004・09・29)
 不動産情報サービスのアットホームは9月29日、首都圏の売物件市場動向を発表した。それによると、8月の新築戸建て成約数は16カ月連続で前年同月比増となったものの、中古マンションは同2カ月連続減だった。
 首都圏中古マンション成約数は445件(前年同月比22.6%減)だった。戸建てなどの他の市場に押され、大幅な減少となった。成約価格は1戸当たり価格1917万円(同1.5%下落)、1平米当たり31.85万円(同1.5%下落)で、ともに前年同月比2カ月連続で下落。
 新築戸建ての成約件数は同19.1%増の1491件だった。1戸当たり成約価格は同3.2%下落の3469万円で、同17カ月連続でマイナスだった。なお、東京都の成約価格は23区では下落したものの、都下で大幅に上昇したため、17カ月ぶりに上昇に転じた。
 また、中古戸建ての成約件数は335件(同9.0%減)で、8カ月連続の減少。成約価格は同3.8%上昇の2751万円と、前月のマイナスから再び上昇に転じた。なお、千葉県では中古戸建て成約価格が過去最低を記録した。

「すみよいまち・東京」の実現に向けた取り組みを紹介 都の住宅月間イベント
(2004・09・28)
 東京都は9月27日、2004年度の東京都住宅月間行事として、「すみよいまち・東京」の実現に向けた、さまざまな取り組みを紹介する展示会や講演会を実施すると発表した。
 同イベントは「『住まいづくり』は『まちづくり』に通じる」という観点から、東京都の取り組みなどを紹介するもので、マンションの維持管理や住宅のバリアフリー化、「東京都安全・安心まちづくり条例」の普及啓発などの取り組みや情報を紹介する。
 10月21日が午後1時から7時、22日が午前10時30分から午後7時、23日が午前10時30分~午後5時。会場は新宿駅西口広場イベントコーナー。
 また、10月15日には都庁・都民ホールで、講演会を開く。「住まいの再生! こだわりのリフォーム」をテーマに建築家の川口とし子氏が、「マンションの再生をどう進めるか」をテーマに国土交通省国土技術政策総合研究所の長谷川洋氏がそれぞれ講演を行う。時間は午後1時30分から3時40分。定員は250人で、事前の申し込みが必要。希望者は電話またはFAX、E-Mailで、都市整備局総務部総務課まで申し込む。申し込みは電話03(5388)3240、FAX03(5388)1359、E-Mail:ml-jutakukouen@section.metro.tokyo.jpに、住所・氏名・電話番号を連絡する。

埼玉の成約件数が8カ月ぶりに増加 アットホーム調べ
(2004・09・27)
 不動産情報サービスのアットホームは9月27日、首都圏の8月の賃貸物件市場動向を発表した。それによると、成約件数は首都圏全体では減少したものの、埼玉県は8カ月ぶりに増加に転じた。
 首都圏の居住用賃貸物件の成約数は前年同月比7.8%減の6928件で、前年同月比では5カ月連続で減少となった。埼玉県では新築物件の成約が順調で8カ月ぶりに増加に転じたものの、そのほかのエリアでは減少だった。1戸当たりの成約賃料はマンション9.84万円(同5.7%下落)、アパート6.61万円(同2.7%下落)だった。1平米当たり賃料はマンション2520円(同3.4%下落)、アパート2060円(同3.3%下落)。
 所在地別では、成約件数は東京23区2901件(同11.0%減)、東京都下559件(同20.3%減)、神奈川県2299件(同3.4%減)、埼玉県783件(同3.4%増)、千葉県386件(同6.3%減)だった。
 戸当たり成約賃料はマンションが23区11.27万円(同7.4%下落)、都下8.62万円(同1.5%下落)、神奈川8.53万円(同3.4%下落)、埼玉7.87万円(同1.1%下落)、千葉7.57万円(同5.3%下落)だった。アパートが23区7.36万円(同2.5%下落)、都下6.80万円(同1.3%下落)、神奈川6.45万円(同2.1%下落)、埼玉5.89万円(同3.3%下落)、千葉5.95万円(同1.2%下落)。マンション、アパートともに全地域で前年同月比で下落となった。

財形住宅融資金利を引き下げ 住宅公庫
(2004・09・24)
 住宅金融公庫は9月24日、財形住宅融資の新規融資金利を10月1日の借り入れ申し込み受理分から引き引き下げると発表した。
 新金利は現行の1.68%から引き下げ、1.62%となる。
 新規融資金利は原則として年4回(1月、4月、7月、10月)見直され、申し込みから5年間は固定。6年目以降の金利は、5年経過後ごとの金利見直しによって決まる。

すまい・るギャラリーに耐震コーナーを開設 住宅公庫
(2004・09・24)
 住宅金融公庫は9月27日、公庫本店1階の「すまい・るギャラリー」をリニューアルオープンする。
 すまい・るギャラリーは木造住宅の実物大の模型を展示するほか書籍の閲覧やビデオライブラリー、各種パンフレットコーナーなど住まいづくりに役立つ情報を提供するキーステーションで、リニューアルにあたり、「耐震について考えるコーナー」を新設し、「新型住宅ローンコーナー」の充実を図った。
 耐震コーナーは耐震性の低い木造住宅の模型を展示し、震度5程度の地震で建物が実際に揺れる様子を見学できる。また、耐震性の低い住宅を耐震補強することで揺れ方がどのように変わるかを比較するミニセミナーも開く。さらに、平面図を持参した希望者には耐震診断を無料で受けられるサービスもある。
 また、新型住宅ローンコーナーは同ローンの仕組みや最新金利のほか新型住宅ロ―ンに関するさまざまな情報を提供する。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.