English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2004年5月7日

ペット飼育可能な首都圏のマンションは約半数 不動産経済研調べ
(2004・05・06)
 不動産経済研究所は4月28日、首都圏でペットを飼育できる分譲マンションの普及率状況をまとめた。それによると、ペット可マンションは年々シェアを拡大しており、埼玉県では6割超を占めていることがわかった。
 2003年に発売されたマンションのうち、ペット飼育可能なマンションは3万9005戸(前年比27.5%増)で、普及率は46.9%(同12.3ポイントアップ)だった。
 地域別にペット飼育可マンションの割合を見ると、埼玉県が60.6%と最も高く、次いで千葉52.6%、都下51.9%、神奈川50.6%、都区部38.9%と続いた。
 また、足洗い場やグルーミング室、ペットサイン付きエレベーターなどのペット飼育用設備を採用したマンションは前年より5315戸増え2万4812戸だった。しかし、ペット飼育可マンション全体に占める割合は前年より0.1ポイント低下し63.6%となった。

注文住宅市場に明るい兆し 住宅公庫
(2004・05・06)
 住宅金融公庫は4月28日、注文住宅や賃貸住宅、リフォームなどの各市場分野の動向を調査した「全国住宅市場調査結果」を発表した。それによると、注文住宅市場は今後の改善が見込まれるほか、リフォーム市場は堅調に推移するという結果となった。
 注文住宅市場の受注状況判断D.I.はマイナス1.5(前回調査比8.2ポイント改善)だったものの、今後の3カ月の見通しは19.0と大幅な改善が予想されるなど明るさが見られる。
 賃貸住宅市場の受注状況判断D.I.はマイナス0.1(同3.7ポイント悪化)と3期連続の悪化となった。今後の見通しは3カ月後が1.9と改善が見込まれるものの、6カ月後がマイナス8.2と受注減が見込まれており、悪化すると見られる。
 マンション市場の成約判断D.I.が同14.3ポイント改善の7.0と大幅に改善した。しかし、先行きは3カ月後がマイナス6.4、6カ月後がマイナス12.1と悪化が見込まれている。
 リフォーム市場の成約判断D.I.は内装受注9.3(同6.8ポイント改善)、設備受注14.5(6.0ポイント悪化)、増築受注11.8(同4.7ポイント悪化)と全項目ともにプラス値で推移しており、堅調な市場動向となっている。
 同調査は全国4548社を対象にアンケート調査したもので、回答件数は1984件だった。アンケートは2月19日から3月2日に実施された。

東京23区の大規模オフィスビルの供給量、吸収量 ともに過去最大 森ビル調べ
(2004・05・06)
 森ビルは4月27日、2003年の東京23区内における大規模オフィスビル市場動向調査の結果を発表した。それによると、2003年は供給量、吸収量ともに調査開始以来最大となったことがわかった。
 大規模オフィスビル供給量は216万平米(2002年比91万平米増)で、1986年の調査開始以来最大となった。また、2004年の供給は123万平米と2003年の57%となる見込み。2004年以降の平均供給量は年平均93万平米と平均的な水準で安定的に推移すると見られる。
 また、2003年の吸収量は過去最多となる223万平米となり、空室率は2002年比1.4ポイント改善の6.7%と大幅に改善した。大規模オフィスビルの大量供給により、高水準にあった潜在需要が都心3区を中心に顕在化したためとみられる。

2003年度の住宅着工、前年度比2.5%増 国交省
(2004・04・30)
 国土交通省は4月30日、2003年度の住宅着工統計を発表した。それによると、着工戸数は117万3649戸で、前年度比2.5%増加だった。前年度比で増加したのは4年ぶり。
 利用関係別でみると、持家は37万3015戸(前年度比2.1%増)で、4年ぶりの増加となった。貸家は45万8708戸(同0.9%増)で3年連続の増加。また、分譲は33万3825戸(同5.6%増)で3年ぶりの増加となった。うちマンションは20万2376戸(同2.0%増)で前年の減少から再び増加に転じた。一戸建ては12万9327戸(11.9%増)で3年ぶりの増加となった。
 3月の住宅着工戸数は9万3285戸(前年同月比6.9%増)で4カ月連続の増加となった。
 利用関係別では、持家は2万9912戸(同3.4%増)で先月の減少から再び増加した。貸家は3万5902戸(同8.0%増)で4カ月連続の増加。分譲は2万6788戸(同10.6%増)で7カ月連続増となった。

新型住宅ローンのポイントをまとめた冊子を発行 住団連
(2004・04・30)
 住宅生産団体連合会(東京都港区、奥井功会長)は金利上昇期における金利変動リスクのポイントなどをまとめた冊子『住宅ローン虎の巻(公庫買取「新型住宅ローン」のポイント)』を作成した。
 同冊子は金利上昇期における住宅ローンの選択のポイントをアドバイスするとともに、長期固定金利の公庫買取「新型住宅ローン」の内容やポイントをQ&A形式で紹介する。また、5年ごとに変動する金利に対応する年間返済額、総返済額を簡単に算出できる金利変動シミュレーションも掲載する。
 A4版、22ページ、価格300円(送料、消費税込み)、最少注文数20部。問い合わせは同連合会広報部・電話03(3592)6441。

インテリアプランナー試験の受験資格が20歳以上に 建築技術教育普及C
(2004・04・30)
 建築技術教育普及センターは4月30日、インテリアプランナー資格制度を改正し、受験資格を20歳以上にすると発表した。
 試験の受験資格は従来、「学科試験」は22歳以上、「設計製図試験」は学歴・資格に応じてインテリアに関する実務経験を必要としたが、学科、製図ともに受験資格を20歳以上とした。
 また、試験方法は学科と製図を同日に受験できるようにした。従来は学科合格後でなければ製図を受験することができなかった。従来は製図受験時に必要だった実務経験は、登録時に必要とすることとした。
 なお、改正は2004年度試験から実施される。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.