English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2004年4月16日

公庫金利を引き上げ 住宅公庫
(2004・04・15)
 住宅金融公庫は4月14日、融資金利の改定を発表した。
 基準金利が適用される175平米以下のマイホーム新築および建売住宅、マンション、分譲住宅、リ・ユース住宅購入とリフォームの当初10年間の金利は0.10%引き上げられ2.70%に、11年目以降は0.05%引き下げられ3.45%となる。
 新金利の適用は4月21日から5月20日までの申し込みが対象。

近畿圏・マンション発売戸数が5カ月ぶりに減少 不動産経済研調べ
(2004・04・15)
 不動産経済研究所は4月14日、3月の近畿圏マンション市場動向を発表した。それによると、新規発売戸数は前年同月比で5カ月ぶりに減少に転じた。
 新規発売戸数は前年同月比31.0%減と大幅に減少し、2596戸だった。新規発売戸数に対する契約戸数は1959戸で、月間契約率は75.5%(同5.1ポイントアップ)だった。3月末時点の販売在庫数は前月比230戸減の5352戸。
 1戸当たり価格は3300万円(前年同月比3.7%上昇)で、2カ月連続の上昇となった。1平米当たり単価は42.0万円(同3.4%上昇)で、5カ月連続上昇。
 地域別では、発売戸数は大阪市部771戸、大阪府下426戸、神戸市部325戸、兵庫県下645戸、京都市部146戸、京都府下22戸、滋賀県65戸、奈良県139戸、和歌山県57戸だった。また、1戸当たり価格は大阪市部3070万円、大阪府下3596万円、神戸市部4363万円、兵庫県下3185万円、京都市部2758万円、京都府下2732万円、滋賀県2729万円、奈良県2979万円、和歌山県2456万円。

貸マンションに希望のインテリアパターンを選べるリースシステムを導入 三井不動産
(2004・04・15)
 三井不動産は4月15日、家具・家電リースのメイズと提携し、家具・家電の新しいリースシステムを開発したと発表した。
 同リースシステムは国内メーカー、海外ブランドの家具など数種類のインテリアパターンを用意して、入居者が選択できるというもの。リース料金は2万円、3万円、4万円の3種類あり、予算に合わせてレンタルが可能で、家具購入にかかる入居時の費用負担や手間を減らすことができる。また、賃貸契約時に家具込みの家賃で契約することもでき、入居者の希望に合わせた契約形態を選択できる。
 同システムは東京・赤坂の賃貸マンション「パークアクシス赤坂丹後坂」に導入する。

プラウドシリーズの全戸に防犯センサーを標準装備 野村不動産
(2004・04・14)
 野村不動産は4月14日、犯罪の起こりにくい環境形成への取り組みとして、プラウドシリーズマンションの設計指針を見直し、首都圏での標準装備のグレードアップを実施すると発表した。
 設計指針の見直しでは、新たに国土交通省が策定した防犯に配慮した共同住宅に係る設計指針と東京都が策定した東京防犯対策住宅建設基準に対応した「防犯設計指針」「防犯設計マニュアル」を新たに策定した。これにより、単に防犯設備を充実するだけでなく、建物形状や動線計画など計画段階から防犯性に配慮した設計を行い、犯罪の起こりにくい環境をつくっていくことを目指す。
 また、標準装備のグレードアップでは、全住戸に防犯センサーを標準装備するほか、全物件のメインエントランスやエレベーター内など共用部に防犯カメラを設置する。
 その適用初弾となる「プラウドシティ上池袋」(地上15階地下1階建て、総戸数277戸)を6月上旬に発売を始める予定となっている。

住宅と金融を融合したサービスを開始 トヨタ自動車G
(2004・04・14)
 トヨタ自動車は4月15日、トヨタホームとトヨタファイナンシャルサービスグループと連携し、住宅と金融を融合した「ライフサポートサービス」を始める。
 ライフサポートサービスは住宅事業・金融事業が連携して、トヨタホームオーナーの豊かで快適な生活をサポートするサービス。
 トヨタホームローン利用者を対象としたリフォームや教育、トラベル、ブライダルなどの資金を使いみちに合わせて無担保・低金利で融資する「ライフ・サポートローン」や365日体制でオーナーからの生活相談や問い合わせに対応するオーナーズクラブに専任のファイナンシャルプランナーを設置し、資金や資産活用に関する電話相談を行なう「資産活用相談」などのサービスを提供する。

防火認定のアレルギーフリー壁紙を発売 アトピッコハウス
(2004・04・14)
 アトピッコハウスは4月15日、難燃薬剤を使用せず防火認定を取得したシックハウス対策壁紙「アレルギーフリー織物壁紙」を発売する。
 アレルギーフリー織物壁紙は薬剤による不燃処理を行なわずに、準不燃の防火性能を取得しているため、台所などの火気使用室でも内装制限を受けることなく使用が可能となっている。
 価格は1メートル当たり1600円。洋室天井用、洋室壁用、和室壁用の3種類がある。

首都圏・中古マンション成約件数が5カ月連続増 東日本レインズ
(2004・04・12)
 東日本不動産流通機構(=東日本レインズ)は4月12日、首都圏・3月の不動産流通市場動向を発表した。それによると、中古マンション成約件数は前年同月比で5カ月連続の増加だった。
 中古マンション成約件数は2945件(前年同月比11.43%増)だった。神奈川で成約が横ばいだったものの、東京、埼玉、千葉では大幅に増加したため、首都圏全体としては増加となった。成約価格は2カ月連続上昇の2006万円(同0.02%上昇)だった。1平米当たり単価は30.83万円(同0.20%下落)で3カ月ぶりに下落に転じた。
 都県別に見ると、成約件数は東京1219件(同14.68%増)、神奈川808件(同横ばい)、埼玉440件(同20.88%増)、千葉478件(同17.16%増)だった。
 また、戸建て住宅の成約件数は1297件(同7.63%増)で、2カ月連続の増加となった。成約価格は3314万円(同4.61%下落)だった。
 土地(面積100~200平米)成約件数は405件(同4.92%増)で、3カ月ぶりに増加に転じた。成約価格2915万円(同1.80%下落)、1平米当たり価格20.58万円(同1.06%下落)だった。

2002年の増改築・改装工事件数が15%減少 国交省調べ
(2004・04・09)
 国土交通省は4月9日、2002年増改築・改装など調査結果を発表した。
 全建築物の増改築や改装などの工事を行なった件数は28万7333件(前年比14.1%減)だった。1件当たりの平均工事実施額は331万円(同112万円下落)。
 住宅の工事件数は26万9005件(同12.4%減)で、1件当たり実施額は287万円(同4万円下落)だった。工事内容は「改装など」が82%を占めた。「改装など」の内訳は、屋根・外壁などの塗り替えが37.1%と最も多く、次いで内装の模様替え(22.2%)、屋根のふき替え(11.0%)、台所など給排水設備の改善(6.7%)、浴室の設備改善(6.2%)と続いた。構造別では木造が83%を占めた。
 また、非住宅は工事件数1万8328件(同33.8%減)、1件当たり実施額980万円(同1154万円下落)だった。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.