English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2003年12月26日

11月の住宅着工数、3カ月ぶりに減少 国交省
(2003・12・25)
 国土交通省が発表した11月の建築着工統計調査報告によると、新設住宅着工戸数は9万8399戸で、前年同月比0.3%減少した。
 利用関係別では、持家が2万8349戸(前年同月比5.6%減)で4カ月ぶりの減少となった。公庫融資による持家は、3050戸(同10.9%減)で46カ月連続の減少。民間資金による持家も、(同3.9%減)で49カ月ぶりに減少した。これは「12月に切れることになっていたローン減税の適用期間について議論されていた時期だったので、様子見だったのではないか」(担当者)という。
 また、貸家は4万930戸で(同1.6%減)5カ月連続の減少となった。
 一方、分譲住宅は2万8532戸、(同7.4%増)で3カ月連続で増加した。そのうちマンションは1万8064戸(同8.8%増)で4カ月ぶりに増加に転じた。一戸建ては1万276戸(同4.4%増)で12カ月連続の増加。

首都圏の中古マンション成約数が6カ月ぶりに減少 アットホーム
(2003・12・25)
 不動産情報サービスのアットホームは12月25日、首都圏・11月の売物件市場動向を発表した。それによると、中古マンション成約数は登録件数の減少、新築マンションの大量供給湯の影響から、前年同月比で6カ月ぶりの減少となった。
 中古マンション成約数は673件(前年同月比14.2%減)だった。成約価格は1戸当たり価格1858万円(同3.5%上昇)、1平米当たり31.25万円(同1.5%上昇)で、ともに同17カ月連続の上昇となった。
 新築戸建ての成約件数は1597件(同5.3%増)と前年同月比で7カ月連続の増加だった。成約価格は1戸当たりが8カ月連続下落となる3645万円(同4.7%下落)だった。また、中古戸建ては成約件数が444件(同24.1%減)で2カ月連続減少、成約価格が2735万円(同1.0%下落)で6カ月連続下落。

財形住宅融資の金利を引き下げ 住宅金融公庫
(2003・12・25)
 住宅金融公庫は12月25日、財形住宅融資の新規融資金利を引き下げると発表した。
 新築住宅、リ・ユース住宅、住宅改良が対象で、新金利を1.52%(現行1.69%)に引き下げる。1月5日の借入申し込み受理分から適用する。

2004年首都圏マンション市場、供給戸数8.5万戸と予測 不動産経済研
(2003・12・24)
 不動産経済研究所は12月24日、2004年の首都圏マンション市場予測を発表した。それによると、2004年のマンション供給戸数は2003年を3000戸上回る8万5000戸(前年比3.6%増)と、6年続けての8万戸超の大量供給となる見込み。
 地域別供給戸数は、都区部が3万8000戸(同6.8%増)、都下1万1000戸(同5.1%増)、神奈川県2万戸(同3.1%減)、埼玉県9000戸(同5.7%増)、千葉県7000戸(同2.2%増)と見込んでいる。
 30階以上の超・超高層マンションが増加、総戸数300戸以上の超大型マンションの発売が本格化し、セキュリティ・IT装備、オール家電、ペット共生など提案型企画で差別化を図るとみられる。
 なお、2003年の供給は8万2000戸で前年を6500戸下回ると予想している。

空室率改善も、厳しい市況続く 東京ビルのビル経営調査
(2003・12・22)
 東京ビルヂング協会は12月22日、2003年10月期のビル経営動向調査の結果を発表した。同調査は同協会会員を対象に四半期ごとに行っているもの。回答数は163社(1社複数回答)。
 それによると、東京23区のビル市場は空室率がやや改善したものの、賃料水準は賃料下限は下落が続く厳しい市況が続いている。
 東京23区の賃料水準は上限2万6196円(前回調査比405円上昇)、下限1万5792円(同1420円下落)と、上限は上昇に転じたものの、下限は引き続き下落が続いている。空室率は6.4%(同0.2ポイント改善)とやや改善した。
 過去3カ月間の賃料水準景況感指数はマイナス18.6(同11.5ポイント改善)、3カ月後の指数マイナス14.6(同8.9ポイント改善)だった。依然として厳しい市況となっているが、マイナス幅が減少する傾向にある。空室景況感は過去3ヶ月間の指数がマイナス6.8(同16.0改善)、3カ月後の指数がマイナス4.8(同14.6ポイント改善)だった。
 都心5区の賃料水準は、千代田が上限3万0671円(同775円上昇)・下限1万8841円(同1811円下落)、中央が上限2万6071円(同702円上昇)・下限1万5663円(同458円上昇)、港が上限2万4551円(同775円下落)・下限1万5921円(同378円上昇)、新宿が上限2万円(同5000円下落)・下限1万1500円(同4333円下落)、渋谷が上限2万5227円(同227円上昇)・下限1万5000円(同横ばい)だった。
 空室率は千代田6.3%(同0.8ポイント改善)、中央6.8%(同0.3ポイント改善)、港6.4%(同0.2ポイント改善)、新宿9.5%(同3.3ポイント悪化)、渋谷5.7%(同0.3ポイント悪化)。

建築家による住宅建設をサポート 西武不動産販売
(2003・12・22)
 西武不動産販売は12月22日、同社が販売する所沢松が丘分譲地(埼玉県所沢市)の建築条件付宅地に、「建築家選定支援サービス」のノウハウを導入すると発表した。同サービスはリビング・デザインセンターの行っている「OZONE家づくりサポート」のノウハウを取り入れるもので、両社は同サービスの導入で、12月25日に業務提携を行う。
 同システムは、住宅建築に当たり、12人の建築家の中から顧客のイメージに合う建築家を選べるというもので、顧客と建築家との打合わせにはOZONE家づくりサポートからコーディネータが参加し、スムーズな家づくりが進められる。費用に関しても、一定の目安を出すなど導入しやすくなっている。

ネット不動産オークションサイトで住宅ローンを販売 東京スター銀行
(2003・12・19)
 東京スター銀行(東京都港区、タッド・バッジ頭取)は12月18日、インターネット不動産オークション「マザーズオークション」の特設サイト http://www.ms-auction.net で、預金連動型住宅ローン「スターワン住宅ローン」を提携ローンとして販売すると発表した。
 マザーズオークションは専用サイト上で物件を情報公開し、会員登録により誰でも平等な条件で入札に参加することが可能なシステム。不動産オークション、インターネットという性格から、事前審査の申込から3営業日以内で回答するというスピーディに対応する。
 スターワン住宅ローンは、ローン残高から普通預金の残高を差し引いた金額にのみ利息がかかる預金連動型住宅ローン。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.