English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2003年8月8日

東京ビジネス地区のビル空室率が改善 三鬼商事調べ
(2003・08・07)
 三鬼商事が8月7日に発表した7月末時点の東京都心5区オフィスビル市況によると、東京都心5区の平均空室率は前月比0.03ポイント改善し8.54%となった。大型供給による解約予告の影響がひと段落し、大型新築ビルでは成約、入居が進んだため。
 大型新築ビルの空室率は前月比2.03ポイント改善し13.32%だった。大型新築ビルは竣工時に募集面積を残すビルが多いが、企業のオフィス統合や集約の受け皿となるため、引合も多く、募集状況は順調に推移している。
 既存ビルは同0.12ポイント悪化し8.24%。千代田区で自社ビル建設に伴う大型解約の動きが見られるものの、このような動きはひと段落しており、大型既存ビルの空室在庫の増加傾向は緩やかになってきている。
 平均賃料は前年同月比6.06%下落し1万8498円だった。好条件の空室が増加しているしているため、オフィス見直しの動きが活発化しており、テナント企業の要望に対応して募集条件の見直しが相次いでいる。また、新築ビルの平均賃料は2万5919円(同6.63%下落)、既存ビルは1万8242万円(同6.35%下落)だった。

外断熱マンションの夜間換気の影響を産学協同研究 康和地所
(2003・08・07)
 康和地所(東京都千代田区、夏目康広社長)は武蔵工業大学と共同で、外断熱工法の建物で夜間換気が与える住環境への影響を検証する研究プロジェクトを8月中旬から始める。
 同プロジェクトは、東京・両国の外断熱マンション「リリーベル両国北斎通りサーモス」の実際の住戸を利用して行うもので、外断熱工法のマンションにおける快適な夏の過ごし方を検証する。検証はバルコニー部に植栽やすだれ・すのこを使って熱的緩衝空間を施し、夜間換気を行った時に緩和される温熱環境を実測し、夜間換気による躯体の蓄冷効果とバルコニー日射遮蔽の複合効果を検証する。

医療事業に新規参入 ダイナシティ
(2003・08・05)
 ダイナシティ(東京都港区、中山諭社長)は8月4日、同社が展開するマンション「スカーラ」シリーズの入居者向けに、健康管理や生活習慣病などの予防サービスの提供を行う医療事業に新規参入すると発表した。
 事業展開するのは、有料老人ホームの運営、診療所を設置したマンション開発、マンション入居者向け24時間電話医療相談サービスの提供。
 同社は東京・本郷に有料老人ホームの初弾を計画している。分譲マンションと同等の仕様で、入居費用はリーズナブルにする。
 また、東京・根津で開発中の「メディカル・スカーラ根津」(総戸数103戸)は、診療所を設置したマンションの第1弾となる。
 24時間電話医療相談サービスは9月1日から、「スカーラ」シリーズの既存物件及び新規物件で提供開始する。入居者は、病気や健康のほか、介護、育児、心の健康などの電話相談を24時間利用可能できる。

路線価が11年連続下落、地方圏は下落幅が拡大 国税庁
(2003・08・04)
 国税庁は8月1日、2003年分の路線価を公表した。宅地の価格がほぼ等しい路線ごとに付した標準額(1平米当たり)で、相続税などの税額算出の基準となる地価。毎年1月1日時点で評価される。
 それによると、全国の標準地の平均は12万1000円(前年比6.2%下落)と11年連続の下落となった。
 都道府県別ではすべての都道府県で下落。しかし、下落率が縮小した都道府県が13(前年10)に対して、下落幅が同率、下落したのは34(同37)となっている。
 圏域別では、3大都市圏では下落率が縮小しているものの、地方圏では拡大するなど二極化傾向がさらに進んだ。東京圏4.0%(前年5.2%)、大阪圏8.7%(同9.4%)、名古屋圏6.5%(同7.0%)と下落率が縮小する一方で、地方圏は7.7%(同5.2%)と逆に下落幅が拡大した。
 最も地価が高かったのは、東京・銀座中央通りの1272万円で、以下、大阪・御堂筋の408万円、横浜・横浜駅西口バスターミナル前通りの337万円の順だった。

ネット利用の物件成約率は約16% 東栄住宅
(2003・08・04)
 東栄住宅はこのほど、同社の戸建て分譲住宅購入者のインターネット利用状況をまとめた。
 それによると、2003年第1四半期(2003年2~4月)にネット経由で成約に至った購入件数は131棟で、全契約数(805棟)に占める割合は16.27%(前年同期比5.5ポイント増)だった。
 同社では、昨年10月に開設した新築戸建て住宅の物件検索サイト「e-blooming.com」及び今年2月に開設した携帯サイトが寄与していると分析している。

慶応志木高寮跡地の大型マンションの建設に着手 三井不動産、三菱地所
(2003・08・01)
 三井不動産と三菱地所はこのほど、埼玉県志木市の慶応義塾志木高等学校寮跡地に開発する大型マンション(地上14階地下1階建て、総戸数337戸)の建設工事に着手した。
 同プロジェクトは、慶応義塾志木高等学校の高翔寮・有隣寮の跡地に建設されるもので、同所は現在、志木市の自然保全重要地域に指定された樹林地でもある。近隣住民のみどりを残したいという希望から、市民・志木市・事業者が協議を重ね、敷地西側の既存樹林を次世代へ継承していく「杜」として保全する。近隣住民も散策できる保全樹林として地域社会に溶け込んだコミュニティーゾーンを形成する。
 また、商品企画は家族とのかかわりをテーマにしており、共用部には小さな子どものいる世帯も安心して住むことができるように託児所やカフェラウンジ、ミニコンビニなどの施設も設置する予定。
 今年の秋に、モデルルームがオープンし、第1期販売を開始する予定。竣工は2005年3月を予定している。

住宅性能表示の省エネルギー対策で「型式認定」を取得 長谷工コーポ
(2003・08・01)
 長谷工コーポレーション(東京都港区、嵩聰久社長)はこのほど、住宅性能表示制度の温熱環境で、独自の断熱仕様による住宅性能評価を可能とする「型式性能認定」を取得した。
 住宅性能表示制度における最高等級(等級4)の仕様基準は高い断熱性能が要求されるため、建築コストが大幅に増加するが、型式性能認定を取得したことで、最高等級の省エネルギー性能・結露防止性能をローコストで実現することが可能となった。
 同社では、形式認定の取得などの省エネルギー性能向上への取り組みの成果を、マンション事業主に積極的に提案していくとしている。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.