English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2003年6月27日

首都圏・中古マンション成約数が4カ月連続マイナス アットホーム調べ
(2003・06・26)
 アットホーム(東京都大田区、松村文衞社長)は6月26日、5月・首都圏売り物件の市場動向を発表した。それによると、中古マンション成約数は前年同月比3.5%減の740件で、前年同月比で4カ月連続のマイナスとなった。
 首都圏・中古マンション成約価格は、1戸当たり1916万円(前年同月比7.0%上昇)、1平米当たり32.42万円(同6.9%上昇)で、ともに同11カ月連続上昇だった。
 エリア別に見ると、成約数は東京23区275件(前年同月比10.9%増)、東京都下96件(同2.1%減)、神奈川県188件(同17.5%減)、埼玉県129件(同7.5%増)、千葉県54件(同28.0%減)で、東京23区は4カ月ぶりに増加に転じた。
 1戸当たり価格は東京23区2433万円(同13.9%上昇)、東京都下1792万円(同4.2%下落)、神奈川県1761万円(同2.1%上昇)、埼玉県1373万円(同5.2%下落)、千葉県1275万円(同16.8%下落)で、東京23区は大幅な上昇を見せた。1平米当たりは東京23区45.43万円(同0.6%上昇)、東京都下29.19万円(同2.8%下落)、神奈川県28.66万円(同0.2%上昇)、埼玉県21.79万円(同0.2%下落)、千葉県19.20万円(同11.4%下落)で、東京23区は同13カ月連続の上昇。

住まいづくりのあれこれを体験できる「住まい博」を開催 住友林業
(2003・06・26)
 住友林業(東京都新宿区、矢野龍社長)は7月5日・6日の両日、大阪市の大阪ドームで「住まい博 2003 IN 大阪ドーム」を開催する。
 住まい博は、木や住まいを直接見て触れられる体験型のイベントで、「住友林業の家」に使用している各種部材や設備、構造などを展示する。
 実物大の2階建ての構造躯体を展示するほか、耐震や断熱などの構造模型や最新の部材、防犯設備なども展示する。
 同イベントでは、不動産相談やリフォーム・増改築、賃貸住宅経営、住まいの手入れなど住まいに関するさまざまな相談会、展示を行う。
 時間は7月5日が午前10時から午後7時、6日が午前10時から午後5時。会場は大阪市西区の大阪ドームで、入場は無料。
 問い合わせは、同社住宅本部営業推進部・電話0120(21)7555。

トヨタホーム専用の住宅ローンで特別金利キャンペーンを実施 トヨタ
(2003・06・26)
 トヨタ自動車は、トヨタファイナンス(東京都江東区、稲垣嘉男社長)を通じて販売しているトヨタホーム専用の住宅ローン「新安心宣言」の金利を2年間固定0.95%にする特別キャンペーンを実施する。
 同キャンペーンは、2003年7月から9月の契約が対象で、初回優遇2年固定金利1.15%(現行)をさらに優遇し、0.95%とする。

家庭用風力発電装置を開発 神鋼電機
(2003・06・25)
 神鋼電機(東京都江東区、佐伯弘文社長)はこのほど、低価格の家庭用小型風力発電装置を開発したと発表した。
 同社が開発した風力発電装置は、どの方向からの風にも対応が可能で、平均風速が遅く風向きが一定しない日本の風況に適している。風切り音はなく、静かなため、密集地での設置にも向いている。
 独自に開発した耐食性アルミニウム合金翼、自社製クラッチ、交流発電機、チェーン・ベルト増速により高効率化と低騒音化、低価格化を図った。また、電気設備のない離島や山間地帯でも配線や電柱などの設置工事費用が一切かからず設置が可能。
 販売は添付されるビデオによる組立て手順を見ながら組み立て、備え付けるキット方式を予定。価格は20~30万円台で、発売は10月頃を予定している。

財形住宅融資の金利を0.05%引き下げ 住宅金融公庫
(2003・06・24)
 住宅金融公庫は6月24日、財形住宅融資の新規融資金利を引き下げることを発表した。
 新築住宅、リ・ユース住宅、住宅改良が対象で、新金利は1.15%(現行1.23%)に改定する。7月1日借入申し込み受理分から適用する。

業界最高トップレベルの「空気環境」を全戸標準化 積水ハウス
(2003・06・24)
 積水ハウス(大阪市北区、和田勇社長)は6月23日、シックハウス対策規制を盛り込んだ改正建築基準法、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)の新基準に対応し、工場から出荷するすべての対象部材を業界トップレベルの仕様に変更すると発表した。
 規制対象外の部材を含めた「内装仕上げ材」、「天井裏等」に用いる建材は「F☆☆☆☆」に統一する。「換気設備」では、24時間換気システムの換気回数を0.3回/時から0.5回/時に能力アップする。

首都圏の宅地市場、引合件数が4カ月連続増加 ミサワMRD調べ
(2003・06・23)
 ミサワMRD(近藤伸一社長)が6月23日に発表した6月の不動産流通市場調査によると、首都圏の宅地市場は購買需要が旺盛で、引合件数が5カ月連続の増加傾向であることがわかった。
 首都圏の宅地市場では、引合が「増加」したとの回答は31.0%で前月と比べると1.1ポイント増加した。これに伴い、今後価格がの「下降」回答が前月比4.2ポイント減少し、先安感が薄らいでいる。
 一戸建て市場では、価格動向の「下降」回答が減り、下降傾向が改善しているが、今後価格の「下降」回答は54.1で、依然と過半数を占めている。引合件数は「減少」回答が同2.1ポイント増となるなど、減少傾向での推移が続いている。
 中古マンション市場では、価格は「下降」回答が増加に転じ、下降傾向の改善が止まり、先安感が強まっている。引合・成約件数では「増加」回答がそれぞれ1.1ポイント、1.5ポイント減少し、低調な市況となっている。

ブロードバンドサービスを拡充 長谷工アネシス
(2003・06・23)
 長谷工アネシス(東京都港区、岩尾崇社長)はこのほど、パソナグループのベネフィット・ワン(東京都新宿区、白石徳生社長)と提携し、ブロードバンド利用者の福利厚生サービスを拡充する。
 長谷工はこれまで首都圏、近畿圏の既存マンションにおいて、管理組合の負担ゼロ、定額、24時間使い放題、自由加入方式のインターネット接続サービスを提供してきたが、今回の提携により、ブロードバンド利用者は宿泊施設、旅行、レジャー施設などが、廉価で利用できるようになる。同社では、今後もマンション向け光ファイバーインターネット接続サービスを拡大するため、既存マンションの技術調査を進めており、すでに17万戸の調査を終えている。

管理業務主任者試験、12月7日に実施
(2003・06・20)
 高層住宅管理業協会(東京都港区)http://www.kanrikyo.or.jp が行う管理業務主任者試験が12月7日(日)に実施される。
 受験申込書は8月1日(金)から9月30日(火)まで、同協会本部・支部・国土交通省・都道府県などで配布され、9月1日(月)から30日(火)まで受験申し込みを受け付ける。試験地は、北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県の7地域。合格発表は来年1月下旬。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.