English

サイトマップ

お問い合わせ

住宅・不動産ニュース

戻る

住宅関連トピックスは、新聞社等からFRKが住宅関連ニュースの提供を受けてインターネットに掲載しています。

2003年4月18日

首都圏の賃貸物件成約数が1.5%増加 アットホーム調べ
(2003・04・17)
 不動産情報サービスのアットホーム(東京都大田区、松村文衛社長)は4月17日、首都圏の賃貸物件市場動向を発表した。
 首都圏・3月の賃貸物件成約数は前年同月比1.5%増の2万2755件で、再び増加に転じた。1戸当たりの成約賃料は、マンションが9.42万円(同2.4%下落)、アパートが6.43万円(同横ばい)だった。1平米当たりの成約賃料は、マンションが2530円(同2.4%上昇)、アパートが2190円(同2.3%上昇)だった。
 また、成約物件の平均面積は、マンションが37.19平米(前年同月比4.8%縮小)、アパートが29.37平米(同2.3%縮小)で、成約物件の小型化が顕著となっている。
 地域別の1戸当たり成約賃料をみると、マンションは、東京23区が11.15万円(前年同月比9.5%下落)、東京都下が9.07万円(同4.7%上昇)、神奈川県が8.26万円(同0.2%上昇)、埼玉県が7.65万円(同7.3%下落)、千葉県が7.78万円(7.9%下落)だった。アパートは、東京23区が7.49万円(同9.3%下落)、東京都下が6.46万円(同2.2%上昇)、神奈川県が6.26万円(同横ばい)、埼玉県が5.85万円(同0.2%下落)、千葉県が5.54万円(同1.2%下落)だった。

神奈川・藤沢の風致地区で大型低層マンションを発売 大京
(2003・04・16)
 大京(東京都渋谷区、長谷川正治社長)は4月23日、神奈川県藤沢市で進めている大型低層マンション「ライオンズテラス本鵠沼ガーデンコート」の第1期販売を始める。
 ライオンズテラス本鵠沼ガーデンコートは、小田急江ノ島線「本鵠沼」駅徒歩13分に位置する地上3階地下2階建て、総戸数165戸の大型低層住宅。第1種低層住居専用地域、風致地区に指定されている高台に位置し、閑静で落ち着いた環境にある。また、空地率約56%を確保した敷地に4棟の低層棟を配し、ゆったりしたレイアウトになっている。
 第1期の販売戸数は20戸。専有面積は約55.03~95.86平米、間取りは2LDK~4LDK。価格は2790万~4580万円で、最多価格帯は3600万円台。

横浜ビジネスパークで100メガのネット接続サービスを開始 野村不動産、IPR
(2003・04・15)
 野村不動産(東京都新宿区、中野淳一代表)と第1種電気通信事業者アイ・ピー・レボルーション(=IPR、東京都港区、真藤豊代表)は4月から、野村不動産が神奈川県横浜市で展開する横浜ビジネスパーク(=YBP)のテナント向けに、100Mbpsのインターネット接続サービスを始めた。
 IPRはアクセスポイントをビジネスパーク内に設け、YBPネット専用の光ファイバーによる1Gbpsのバックボーン回線を接続することで、YBPのテナント企業向けに100Mbpsの超高速、高コストパフォーマンスの常時接続サービスを提供する。同サービスにより、通信速度は従来の約16倍に高速化し、通信コストは従来の約8割に低価格化した。
 YBPはイーストタワー、ウエストタワー、 NRI(野村総合研究所)タワーの高層棟、研究開発センターなどからなるインテリジェントビル群、商業施設棟、スポーツクラブが稼動しており、同ビジネスパークの現在の就業人口は約8000人で、総テナント数は93社。

増改工事店約2500店をホームページで公開 TOTO
(2003・04・15)
 TOTOは4月から、同社ホームページ(http://www.toto.co.jp )で増改築工事店ネットワーク「TOTOリモデルクラブ」約2500店を公開した。これにより、安心で信頼のできる増改築工事店を簡単に素早く検索が可能になった。
 リモデルを望むユーザーが抱える「工事をどこに頼めばいいかのか判らない」「安心で信頼できる業者かどうか判らない」などの不安の声に応えるため、TOTOが推薦する増改築工事店をホームページ上に公開することで、ユーザーの不安解消に繋げていくというもの。

首都圏、3月のマンション供給は9566戸 不動産経済研調べ
(2003・04・14)
 不動産経済研究所(東京都新宿区)の市場動向調査によると、3月の首都圏における新規供給は9566戸で、前年同月比11.5%減、前月比32.3%増だった。月間契約率は78.8%。第1四半期としては、4年連続で2万戸を超えた。1戸当たりの価格は、前年同月より104万円アップの4226万円だった。また、30階建て以上の超高層物件は25物件、1423戸にのぼった。
 一方、近畿圏の新規供給は前年同月比39.7%減、前月比42.9%増の3760戸だった。月間契約率は70.4%。1戸当たりの価格は、前年同月より137万円ダウンの3181万円だった。近畿圏では物件価格は低下、専有面積は拡大し、超高層、大型物件の供給が増えているという。

東京23区の大規模オフィスビル供給量は217万平米 森ビル調べ
(2003・04・11)
 森ビルは4月10日、2003年・東京23 区内における大規模オフィスビル市場動向調査の調査結果を発表した。
 それによると、2003年の大規模オフィスビル供給量は217万平米(2002年比92万平米増)で、1986年の調査開始以来最大となった。しかし、2004年以降の供給量は、年平均80万平米程度の水準に落ち着く見込み。
 供給量の推移を時代区分ごとの年平均供給量で見ると、過去最大の供給量となった2003年を含む2002年から2007年の「都市再生時代」の年平均供給量は110万平米で、1992年から1996年の「バブル崩壊後」の125万平米より低い水準となる見込み。
 また、需要動向を見ると、2002年の吸収量は48万平米(2001年比6万平米減)で、供給量と乖離し、低水準となった。

公庫の基準金利を引き下げ 国土交通省
(2003・04・11)
 国土交通省は4月10日、住宅金融公庫の基準金利を0.05%引き下げ2.15%にすると発表した。新金利は4月16日から適用する予定。

リフォーム支援サイトをリニューアル
(2003・04・11)
 住宅リフォーム・紛争処理支援センター(東京都千代田区)はこのほど、リフォーム支援サイト「リフォネット」 http://www.refonet.jp/ をリニューアルした。
 同サイトは、全国3400社のリフォーム事業者情報やリフォーム事例、関連資格者情報などを見ることができる。また、水漏れやトイレのつまりが発生した場合の事業者探しも行える。
 今回のリニューアルにより、画面構成がより見やすくなり、「見積もりガイダンスシステム」が更新された。また、「外壁の塗り替え工事」や「屋根の葺き替え工事」など、「キッチン」「浴室」などの水廻り以外のリフォーム工事の価格情報も掲載されている。

戻る

Copyright © 1997 一般社団法人 不動産流通経営協会 All Rights Reserved.